宇津救命丸 株式会社
1597年(慶長2年)創業

夜泣きといえば宇津救命丸

1597年(慶長2年)、初代宇津権右衛門によって創業。小売店で買うことのできる一番歴史の長い薬。
400年以上、多くの方々に愛用される宇津救命丸。

小さな粒にはすぐれた効き目と共に、長い間の経験と信頼が詰まっている。

代表紹介

代表取締役
18代目 宇津 善博 (うつ よしひろ)

私立暁星高校を卒業
東京薬科大学を卒業後
1974年(昭和49年)11月、宇津救命丸㈱入社
1988年(昭和63年)5月、代表取締役社長に就任
現在に至る

宇津救命丸の歴史

1597年(慶長2年)
初代宇津権右衛門が野州高根沢西根郷に帰農後、宇津の秘薬(救命丸)を創製
1906年(明治39年)
現在の問屋ルートにのせて全国発売
1931年(昭和6年)
「株式会社宇津権右衛門薬房」設立。商品名を「小児良薬 宇津救命丸」に名称変更
1955年(昭和30年)
株式会社宇津権右衛門薬房」を「宇津救命丸株式会社」に社名変更
1972年(昭和47年)
宇津史料館設立
1984年(昭和59年)
「宇津こどもかぜ薬」発売
1988年(昭和63年)
第18代宇津善博 代表取締役社長に就任
企業情報:
宇津救命丸 株式会社 / 東京都千代田区神田駿河台3-3
公式ホームページ:
https://www.uzukyumeigan.co.jp/

宇津救命丸の「知恵」

Story 長寿企業の知恵(全編)

「創業の精神」
~家訓や理念誕生の経緯~

日本で買える一番歴史ある薬

創業400年以上の歴史を持つ宇津救命丸。それは日本の歴史で言うと「関が原の戦い」よりも以前こと。

人々の健康のため貢献してきた救命丸。効き目を信頼されていたのはなんと、徳川の将軍の後継を輩出する御三卿の一つである一橋家!?

宇津救命丸の長い長い特別な歴史に迫る!

「決断」~ターニングポイント~

救命丸一筋から多角化へ

「うちの会社がどうなっても良いのか!」生薬にこだわりがあるからこそ、受け入れられない変化もある。30年以上喧嘩のなかった父と宇津氏に起きた争い。

子どもに特化した薬を生み出し続ける宇津救命丸のターニングポイントとは!

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

常に正直であれ

祖母より「お前が救命を継ぐんだよ」幼い頃から言われてきた宇津氏。大学にいく頃にはすでに会社を守る決意があった。

自身の胸に留める言葉とは。また、その言魂から生まれた宇津氏の驚きの行動にも迫る…

「貢献」~地域、業界との絆~

子供たちのために

子供向けの薬を扱う宇津救命丸。

震災以降継続して行っているお祭りで、広がる子供の笑顔に気づかされたことがあった。

「伝燈」~受け継がれる伝統~

受け継がれる印籠

400年の歴史を持つ会社に代々伝わるもの。

そこには宇津救命丸ならではのアイディアが隠されていた。

「NEXT100」~時代を超える術~

子どもの人口が少なくなれど
子どもの健康を守る小児薬をつくり続ける

子どもの健康にこだわり、特化してきたからこそ多くの名だたる製薬会社がなくなっていく中で生き残れた。

ただそのイメージがあるからこそ、大きな変化もすることが難しいのだという。

宇津救命丸の今後の課題、NEXT100年とは…