株式会社 赤坂福田屋
1865年(慶応元年)創業

役者、花柳界から上流階級のお客様へ、店を持たず御用聞きのスタイル

芝居世話情浮名横櫛の舞台とされた「玄冶店(げんやだな)」(今の人形町)が発祥の地。
別注の着物、帯を得意とし現在でも工房を抱え、自家製品を主としている。
和装の意匠に優れ、各階級のお客様より愛されている。昔ながらの店独自の図柄で染める江戸友禅
また、代々継がれてきた着物を活かして、現在でも着ることのできるを作っている。

代表紹介

取締役会長
三代目 森田 昌宏(もりた まさひろ)

昭和6年生まれ。
幼い頃から父親に連れられ多くの舞台・古典芸能を鑑賞、
自宅では親の仕事を見ながら育つ。
終戦後、親が高齢だったため他店での修業はせず
文化学院に通いながら千吉のもとでもの造りを学ぶ。

邦楽・舞踊・能・歌舞伎役者との交友を広げ
自身も小唄・長唄・河東節を嗜む。

赤坂福田屋の歴史

1865年(慶応元年)
曾祖父森田萬兵衛が新和泉町(現日本橋人形町)にて呉服太物商創業(玄冶店福田屋)
明治後半
次男千吉(祖父)堺町で独立(現日本橋人形町)
大正の頃
築地新喜楽・大阪灘萬にて呉服催事を行う
1922年(大正11年)
矢ノ倉町に移転
1923年(大正12年)
関東大震災で萬兵衛宅とともに焼失。その後日本橋浜町、芝区葺屋町、赤坂田町に移転
1931年(昭和6年)
永田町に㈱森田萬兵衛福田屋商店設立
1941年(昭和16年)
三笠宮様ご婚礼の衣装を手掛ける
戦争末期
埼玉県久喜市に疎開
1948年(昭和23年)
呉服同業者の支援を頂き商売再開
1950年(昭和25年)
京都東本願寺で第1回「東西名匠老舗の会」出展。この催事は現在まで続く
1963年(昭和38年)
㈱赤坂福田屋を設立、赤坂仲ノ町の水戸幸ビルに出店
1967年(昭和42年)
東急百貨店本店開業時に出店
2007年(平成19年)
水戸幸ビルの建替えにより八丁堀に移転。長女眞知田千恵美代表取締役就任
企業情報:
株式会社 赤坂福田屋 / 東京都中央区湊1-9-2-602 / 03-6686-1029
公式ホームページ:
http://kimono-fukudaya.jp/kimono.html

Another Story

呉服屋にとって氷河期の時代といわれる今「東京友禅を守る」

東京友禅は東京の呉服屋にとってなくてはならないものであり、友禅職人も多かった。しかし戦後、日常着が洋服主流となり、着物の需要はますます激減。老舗呉服屋は次々と店をたたみ、職人の数も減った。

呉服屋にとって氷河期の時代といわれる今、東京友禅をしっかり守り、職人を育てる呉服屋が何軒かある。その一つが東京都八丁堀に事務所を持つ、赤坂福田屋である。