株式会社 山本海苔店
1849年(嘉永2年)創業

伝統と革命のバランスを保ち、こだわりの味を世界に

「よりおいしい海苔を、より多くのお客様に楽しんでいただく」ことをモットーに、「おつまみ海苔」の開発を始め
海苔の新しい可能性を追求し続けている。まるうめブランドをさらに強化し、海苔を中心とした豊かな食文化を提案
業界の第一線にありながら、常に時代に即した商いを行い「伝統は革新の連続である」という姿勢を持ち続けることを重んじ
160余年の時を経て現在も多くの山本海苔ファンに愛されている。

代表紹介

代表取締役社長
6代目 山本 德治郎(やまもと とくじろう)

慶応義塾大学経済学部卒業

1973年4月 株式会社山本海苔店へ入社
76年取締役、82年常務取締役を経て
1995年 取締役社長に就任。6代目山本 德治郎を襲名する

専務取締役
山本貴大(やまもと たかひろ)

慶應義塾大学卒業
2005年 東京三菱銀行入行
2008年 山本海苔店入社

東京三菱銀行から、2008年に同社入社後、仕入部で海苔全般の勉強を行い、山本海苔店100%子会社・丸梅商貿(上海)に勤務し、おむすび屋「Omusubi Maruume」を立ち上げる。
その後、シンガポール髙島屋、台北三越店と海外店舗立上げに参画。現在、専務取締役営業本部長として営業全般を担い、「おいしい海苔」の普及に務める。

山本海苔店の歴史

1849年(嘉永2年)
初代山本德治郎、日本橋室町一丁目に創業
1858年(安政5年)
二代目山本德治郎を襲名。「マーケティング」により、顧客ニーズに応じ海苔を8種類に分類して販売
1869年(明治2年)
味附海苔を創製。明治天皇の京都還幸に際し、御所への東都土産のご下命より、宮内省(庁)の御用を賜る
1882年(明治15年)
東京市内のノリ問屋11名と「東京乾海苔問屋組合」を組織し、東京府知事の認可を得る
1902年(明治35年)
登録商標法制定と同時に「まるうめマーク」を登録し、認可される
1923年(大正12年)
関東大震災により、日本橋の店舗をはじめ倉庫が消失。日本橋にあった魚河岸も震災を機に築地へ移転
1931年(昭和6年)
文豪の泉鏡花より賛文「山本特製海苔報條」を寄稿される
1945年(昭和20年)
5月25日の空襲で本店焼失。12月には葦簀張りの床店で開業
1946年(昭和21年)
従来の個人商店を会社組織に改め、株式会社山本海苔店を設立。
1954年(昭和29年)
銘々海苔「梅の花」発売開始
1965年(昭和40年)
本社新社屋竣工。駐車場側にドライブイン(日本初といわれるドライブスルー)設置
2007年(平成19年)
丸梅商貿(上海)有限公司設立
2014年(平成26年)
佐賀市久保泉町に工場新設。日本最大の海苔生産地である佐賀に製造拠点を設置する
企業情報:
株式会社 山本海苔店 / 東京都中央区日本橋室町1丁目6番3号 /  03-3241-0322
公式ホームページ:
http://www.yamamoto-noriten.co.jp/

山本海苔店の「知恵」

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

のれんにあぐらをかかず、品質で勝負を

お客様からの信頼で歴史と伝統を築いてきた山本海苔店。
これまで、数多くの挑戦と革新を行い
品質第一で「美味しい海苔をお客様へ」届けてきた。

先代から伝わる、何度も繰り返し聞いた想いの裏に隠された物語とは!?

「決断」~ターニングポイント~

“德治郎”という名

山本海苔店では当主になる際
代々「德治郎」の名が受け継がれている。

襲名する者には、必然的に訪れる
大きなターニングポイントがあった…

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」

自分よりも昔から会社にいる社員がいる。
「人の上に立つということは、好かれなければいけない」
と語る德治郎氏。

その想いをのせた言霊は
過去の偉人から影響を受けたものだった・・・

「NEXT100」~時代を超える術~

海苔から離れず
山本海苔店だからできることを

美味しい海苔へのこだわりと
働いている方々を大切にしてきた
山本海苔店のNEXT100に迫る!