株式会社 東京メガネ
1883年(明治16年)創業

徹底的なこだわり。それが東京メガネが東京メガネである理由。

専門知識と技術を備えた認定眼鏡士や認定補聴器技能者による、
きめ細やかなカウンセリングやフィッティング。
それらを通して、お客さまにとっての視やすく使いやすいメガネを仕立て、
最適な補聴器を見つけ出し、「視る」こと「聴く」ことから快適で豊かな生活を支えます。

代表紹介

代表取締役社長
5代目 白山 聡一(しらやま そういち)

慶応大学法学部卒業。
1995年に東京メガネに入社。
2008年同社、代表取締役社長就任。
現在に至る。

東京メガネの歴史

1883年(明治16年)
日本橋人形町にて白山斉明が眼鏡販売を開始
1918年(大正7年)
二代目・白山福太郎が事業を継承
1945年(昭和20年)
三代目・白山鎮博が事業を継承
1947年(昭和22年)
白山眼鏡店を白山堂眼鏡店に改名後、株式会社に組織変更
1950年(昭和25年)
日本初の視力測定器をアメリカより輸入
1953年(昭和28年)
日本初の眼鏡美容相談を日本橋人形町店で開始
1960年(昭和35年)
社名を株式会社 東京メガネとする
1968年(昭和43年)
香港に海外1号店をオープン
1975年(昭和50年)
日本初のコンピュータ視力測定器を導入
1986年(昭和61年)
日本初のスポーツビジョンセンターを開設
企業情報:
株式会社 東京メガネ / 東京都世田谷区若林1‐20‐11 / 03‐3411‐1111(大代表)
公式ホームページ:
http://www.tokyomegane.co.jp//

東京メガネの「知恵」

Story 長寿企業の知恵(全編)

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

前例がないのなら、自分たちが歴史を創造する

日本の経済の成長に合わせ、デパートや百貨店での店舗戦力を広げいった東京メガネ。

その中で、様々な日本初を成し遂げてきた。。。

自我作古(じがさっこ)の精神で進み続ける東京メガネの秘密に迫る!

「決断」~ターニングポイント~

メガネが面白くないと感じた時期もあった

大した決断はしたことがないと謙遜する白山氏。

若いころメガネが面白くないと感じる時期もあったという。

そんな白山が導き出した答えとは!

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

大きな池で小さな魚となるな 小さな池で大きな魚となれ。

鶏口牛後とあるように、小さな組織でトップになること
これが会社に残っている祖父が作った社訓。

しかし、祖父の人間性を思量するとその思いは裏腹だと言う白山氏。

祖父の残した社訓の真意とは…

「貢献」~地域、業界との絆~

メガネを知ってもらうために

地区のスポーツチームの応援やスポーツビジョン、
オリジナルメガネフレームの作成など、
メガネをもっと知ってもらうために行っている取り組みとは。

「伝燈」~受け継がれる伝統~

仏壇と神棚に祈りを、メガネの歴史を

曾祖父から受け継がれているもの。
また、守り続けるメガネの歴史と進化を辿る。

「NEXT100年」~時代を超える術~

改めて見つめなおされる「見る」という行為

これからのメガネ業界の変化のスピードは過去と比べ物にならない割合だという白山氏。

そんな業界でも、人間が「見る」という行為は変わらない。

未来を見据えた東京メガネが目指す道とは!