北嶋屋
明治初期創業

ワクワクドキドキが詰まったエンターテイメントな酒屋さん

いつでも必要なものがすぐに手軽に得られる中、昔の酒屋の「量り売り」のスタイルを行っている。
取り扱う酒類も、日本酒、焼酎、泡盛に紹興酒、果実酒や古酒と幅広く
蒲田の地元民からはもちろん、遠方から足を運ぶお客様からも多く愛されている。

代表紹介


5代目 北嶋 雄(きたしま ゆう)

2011年、20歳から五代目として北嶋屋酒店の経営に着手。
より専門店としてギフト要素に特化する為、
『世界で一つのプレゼント』というコンセプトで
全体的なブラッシュアップを進める。

北嶋屋の歴史

明治初期頃
北嶋屋酒店創業。三代目まで生鮮品等を除いた様々なものを売る小売店。
1974年(昭和49年)
四代目として北嶋教雄氏が相続継承。酒の専門店化を図る。
2000年頃(平成12年頃)
量り売りを開始。少しずつ数を増やしオリジナルラベル等のサービスも始める。
2011年(平成23年)
五代目として北嶋雄氏が経営に着手。
2012年(平成24年)
店舗改装を行い、“世界で一つのプレゼント”というコンセプトを掲げ、ギフトに特化した店づくりを始める。
企業情報:
世界で一つのプレゼント 北嶋屋 / 東京都大田区矢口1-21-18 / 03-3759-4210
公式ホームページ:
http://kitajimaya.jp/

Another Story

妥協は許さず個性を大事に

一見、店名を聞くと、ギフトショップと思い浮かべるかもしれないが、世界で一つのプレゼント 北嶋屋は明治初期に創業した老舗酒屋である。

蒲田の地で地元民はもちろん、遠方から足を運び、お酒を求める常連客も多い。

日本の各地で多くの酒屋が廃業していく時代。この荒波を乗り越える秘訣とは。