株式会社 玉川堂
1816年(文化13年)創業

「打つ。時を打つ」玉川堂の真の魅力は、お客様が手にした銅器の継承、その「時」にある

金属加工で有名な燕三条に工場を構え、1枚の銅板を「鎚」で叩き「起」こして銅器を製作する
「鎚起銅器」の伝統技術を国内で唯一200年に渡って継承。
その技術は、新潟県より「新潟県無形文化財」文化庁より
「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」に指定されている。
海外販路の拡大に務め、海外ブランドとのコラボ事業も推進。
東京の青山と銀座で直営店を開業、売上の約半数は外国人が占めている。

代表紹介

代表取締役
7代目 玉川 基行(たまがわ もとゆき)

1995年 玉川堂に入社
2003年 代表取締役に就任

中小企業基盤整備機構主催 日暮里経営セミナー講師や
新潟商工会議所主催 ロシア大消費市場開拓セミナーパネリストを務める

玉川堂の歴史

1816年(文化13年)
初代 玉川覚兵衛が、「也寛屋覚兵衛(現玉川堂)」を開業
1873年(明治6年)
ウィーン万国博覧会出品(以降、約30回海外博覧会出品)
1926年(昭和1年)
フィラデルフィア万国博覧会 最高賞受賞
1958年(昭和33年)
新潟県より「新潟県無形文化財」に指定
1980年(昭和55年)
文化庁より「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」に指定
2008年(平成20年)
文化庁の「登録有形文化財」に登録(店舗、土蔵、鍛金場、雁木)
2014年(平成26年)
東京南青山に、初の直営店となる玉川堂青山店を開業
2016年(平成28年)
玉川堂創業200周年
2017年(平成29年)
東京銀座「GINZA SIX」4階に、玉川堂銀座店を開業
企業情報:
株式会社 玉川堂 / 新潟県燕市中央通り2丁目2-21 /  0256-62-2015
公式ホームページ:
http://www.gyokusendo.com

玉川堂の「知恵」

「企業紹介映像」

1816年 
当時17歳だった初代玉川覚平衛(たまがわかくべえ)が、
世界有数の金属加工産地、新潟県燕市にて創業。

1枚の銅板を「鎚(かなづち)」で叩き起こして、
銅器を製作する
「鎚起銅器(ついきどうき)」の伝統技術を国内で唯一
200年に渡り継承してきた。