株式会社 明電舎
1897年(明治30年)創業

日本の電気技術の礎と発展をつくる
「モートルの明電」

120年という長い年月私たちの暮らしだけでなく、人々の心に明りを灯し続けてきた明電舎。
より発展的に多分野にわたり、今日の社会のインフラを支え
日本を近代化、経済大国へと繋げる企業。

代表紹介

代表取締役 会長
8代目 稲村 純三(いなむら じゅんぞう)

1971年に慶應義塾大学工学部電気学科卒業後、明電舎に入社。
2003年6月に執行役員に就任。
常務執行役員・専務執行役員を経て、
2008年 代表取締役社長に就任。
2013年 代表取締役会長に就任。

明電舎の歴史

1897年(明治30年)
重宗芳水により築地周辺で創業。
1955年(昭和30年)
AEG社と技術提携。(空気遮断器・変圧器)
1968年(昭和43年)
GE社と技術提携。(VI)
1983年(昭和58年)
パワートロニクス&メカトロニクス&エレクトロニクスを掲げる。
1997年(平成9年)
創業100周年を迎える。
2003年(平成15年)
(株)明電舎と明電エンジニアリング(株)が合併 新会社名を(株)明電舎とする。
2007年(平成19年)
創業110周年を迎える。
企業情報:
株式会社 明電舎 / 東京都品川区大崎二丁目1番1号 ThinkPark Tower
公式ホームページ:
http://www.meidensha.co.jp/

明電舎の「知恵」

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

「より豊かな未来をひらく」企業使命

より豊かで住みよい未来社会の実現に貢献するため、
新しい技術と価値の創造にチャレンジし続けてきた明電舎。

世の中の役に立つものを作りたいという強い精神のもと
創業者、重宗芳水が行ってきた努力。
それを引き継ぐ稲村氏の思いについて迫る。

「決断」~ターニングポイント~

代表取締役就任直後のリーマンショック…

世界的な景気後退が起きた2008年に稲村は社長へ就任した。
従業員に優しい明電舎がいかにこの危機を乗り越えたのか?!

そしてリーマンショック立ち上がり後に起こった「3.11東日本大震災」
水処理の仕事にも従事してきた明電舎にとって、
非常に大きなターニングポイントとなる出来事であった…

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

失敗を恐れるな。失敗は授業料だ。

大きな失敗は当たり前だが大きなお金がかかる。
そんな時、現在の稲村氏の指導方針にも影響する、
上司や創業者の言葉と想いがあった。

何度も壁にぶち当たったという稲村氏に響き残る先代の想い、
そして自身がその壁を越えるために重んじている言霊とは。

「伝燈」~受け継がれる伝統~

従業員に優しい明電舎

従業員のために創業者重宗芳水の妻で2代目会長の重宗たけ氏が設立したもの。
それは現在も残り続け、大きな地域貢献となった。

「NEXT100」~時代を超える術~

「明電舎があってよかった」と人々の心に残りたい。

インフラは絶えず新しいことへの挑戦が必要とされる。

お客様の豊かな生活、喜びをつくる明電舎のNEXT100年とは!