innocently(茂木商事 株式会社)
1903年(明治36年)創業

人生で最高に幸せな1日を感動的な記念日に

埼玉県大里郡出身の初代茂木幾太郎が、1903年(明治36年)に神田富久町で大里屋呉服店を創業し、約30年後貸衣裳専門店へと変更。
マタニティウェディング専門エージェント「マタニティウェディングナビ」の運営を開始し、
呉服の取り扱いを始め、婚礼貸衣裳、スタジオ運営、マタニティ専門の結婚式会場紹介と事業領域を拡大している。
次の時代を見据え、婚礼衣裳の取り扱いをコア事業としながらも、関連事業への積極的展開を促進を目指す。

代表紹介

代表取締役社長
4代目 茂木 克祐(もぎ かつすけ)

明治大学 政経学部経済学科 卒業
26歳の時に金融関係の会社を退職し、入社
2013年 代表取締役社長に就任する

大学在学中4年間のアルバイトは合わせて30種類以上
1日3件掛け持ちをし、多いときは月収70万円に。
この経験で磨かれた発想力で今日のinnocentlyを精力的に運営している

innocentlyの歴史

1903年(明治36年)
「大里屋 呉服店」として神田富久町にて創業
1932年(昭和7年)
現在新宿へ進出し、「大里屋衣裳店」の屋号で貸衣裳を専業とする
1950年(昭和25年)
茂木商事株式会社 設立
1988年(昭和63年)
現在の本社ビル 兼 東京店を建設
2003年(平成15年)
創業100周年記念式典実施
2010年(平成22年)
SHOP名称を「innocently」に統一
2016年(平成28年)
コンセプトごとに6つのSHOPブランドを展開
2017年(平成29年)
マタニティ専門サイト・エージェントカウンター「マタニティウェディングナビ」オープン
企業情報:
innocently / 東京都新宿区新宿2-5-3 /  03-3354-0753
公式ホームページ:
http://www.innocently.jp/company/

innocentlyの「知恵」

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

変わらず大切にしてきた‟想い”
人生の記念となる1日を過ごすお客様へ

大切なお客様の、大切な1日のため
全力でinnocentlyはお客様を応援し続けている。

働く人々に求めてきた
‟形”ではなく‟心“での意識を願う
innocentlyの創業の精神とは⁉

「決断」~ターニングポイント~

胸に刻まれた、大きな失敗

お客様とは結婚式へ向け、様々なやり取りが行われる。
その中で、お客様を大きく傷つけてしまったある事件があった...。

その後のサービスの向上、意識改革に繋がったinnocentlyにとって
大きなターニングポイントとなった

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

いい時もあれば、悪い時もある
くよくよせず、浮かれずに

本当に辛く、苦しい思いをしてきた人だからこそ
生まれる言葉がある。

商売の神髄を教えてくれた先代たちの言霊に迫る!

「NEXT100」~時代を超える術~

憧れられる存在であること

‟具体的な何か”よりも‟想いからすること”を大切にし
ここにしかない価値観を生むことに重きを置いてきた。

社員を心から愛し、幸せを願うinnocentlyの
NEXT100 とは⁉

写真でみるinnocently