米屋株式会社
1899年(明治32年)創業

なごみの米屋

『成田詣でにきているお客様に喜んでもらえるお土産はないものか』と考え、
母親なつと試行錯誤の末、日本で最初の栗羊羹を生み出した。
創業の信条である「己に薄く、他に厚く」は脈々と受け継がれており、中間的な手数料や金利、
その他一切の冗費を省き、あくまで顧客本位の商法で薄利多売、品質本位の菓子作りを行う。
「売るのではなく」、「買っていただく」という商いの精神は、お客様の信頼を得て、
今日まで成田山参道の名物として多くの人々に愛されている。
米屋の企業理念、そしてシンボルマークでもある“和未”(なごみ)は、「和」と「味」造った造語であり、
『心和むお菓子によって人の心や暮らしを豊かにし、未来を創造していく』という4つの願いを込められている。

代表紹介

代表取締役社長
5代目 諸岡 良和

1997年 専修大学経営学部卒業
1997年 食品系会社入社
1997年 食品系会社退社
2000年 米屋株式会社入社
2010年 常務取締役就任
2015年 代表取締役社長就任

2013年 一般社団法人成田青年会議所理事長
成田商工会議所青年部会長
一般社団法人羊羹コレクション理事長
一般社団法人成田市観光協会理事
上町街づくり協議会副会長
上町振興会副会長
NARITA酒フェスティバル実行委員長

米屋の歴史

1899年(明治32年)
創業
1914年(大正3年)
東京大正博覧会へ栗羊羹を出品、銀牌受領
1945年(昭和20年)
株式会社米屋本店と法人化
1958年(昭和33年)
ブリュッセル万国博覧会へ出品、金牌受領
1959年(昭和34年)
ロンドン第45回万国パン菓子大博覧会へ出品、金牌受領
1961年(昭和36年)
衛生的工場として厚生大臣賞受賞
1973年(昭和48年)
第18回全国大菓子博覧会に出品、名誉無鑑査賞受領
1990年(平成2年)
米屋株式会社に社名変更
2005年(平成17年)
諸岡靖彦 代表取締役社長に就任
企業情報:
米屋株式会社 / 千葉県成田市上町500番地 /  0476-22-1211
公式ホームページ:
http://www.nagomi-yoneya.co.jp/

写真でみる米屋