Story ~長寿企業の知恵~ 「 創業の精神 」
次のパート→

株式会社 鍋屋商店
オープニング・創業の精神 ~家訓や理念誕生の経緯~

ナレーション

今回のゲストは、株式会社 鍋屋商店7代目代表 齋藤敏夫(さいとう としお)
8代目 齋藤 敏之(さいとう としゆき)

創業は1827年。
千葉県大網で米卸売り業として創業。
お米の他に大豆やこんにゃく芋、サツマイモなどの農産物も販売しており、
1960年頃までは集荷し小麦を挽いてうどんを生産していた。

一年を通して生産者から直接米を買い付け、農産物検査を行い等級をつけて出荷。
収穫時に大量に買い付けることにより県内の業者はもちろん、全国各地の業者に玄米を卸している。

近年では海外への輸出にも力を入れており、モンゴルにオフィスを構え、
デパートやスーパーで販売している。

「お客様第一」
江戸時代から続くこのこだわりは受け継がれ
安心・安全で最高品質のお米を提供し続ている。

今回はそんな鍋屋商店の7代目齋藤敏夫、8代目齋藤敏之の言葉から
創業から受け継がれる想い、その裏に隠された物語
鍋や商店の持つ長寿企業の知恵に迫る。

~事業内容~
敏夫:1827年から続けている米穀商。米の卸をやっております。一般農家から集荷したものを、検査をして、等級を決めて、千葉県ならびに県外の業者に卸で販売をしています。最近、輸出の方に力を入れてて、モンゴルのグランバードに事務所を持って、そこでデパートやスーパーに販売しております。


~特徴やこだわり~
敏之:長年付き合っている生産農家さんから大量にお米を仕入れますので、他の業者さんに玄米を原料として販売をしております。新米の時期になると、全国の業者さんから連絡が絶えずきてですね、電話が鳴り止まない状態になっています。
玄米の方は社長に仕切ってもらっています。一方、白米の方は、私が担当しているんですけど、現在は外食チェーンさん、あとは仕出しお弁当やさん、介護施設さん、あとはインターネットと海外輸出等々に力を入れております。

私が行っている国は、モンゴルという国なんですけども、そこでは、日本のお米っていうのもそうなんですけど、日本っていうだけで、すごくブランドになってるっていうのが後押ししてくれてるんだろうなというところは実感しますね。


~独自の社内制度~

敏夫:従業員の方には現金っていうことと、お米の支払いは全部同じように現金でいたします。昔から現金でお米を払っているので、農家が通帳に振り込むよりも、現金を見た方が、なんかお米を売って働いたなっていう気で喜びが違いますね。

敏之:私もやった時から現金だったので、そういうもんかなぁと思ってはいるんですけど、その分忙しい時期になると、今はないですけど、暑くなったりとか、っていうところでは、「やったな!」とか、「重いな!」とか、っていうのはあったと思います。

敏夫:皆さんがね、振込がいいって言うことになりますと、その形にしようかと思いますけども、今のところは、何も言ってませんので、一応現金でお支払いするような形で考えております。
7月の繁盛期前に、忙しくなる前に一応食事会を持って、終わった後に10月にはまた反省会、並びにご苦労様会っていうことで設けております。

敏之:食事をすることによって、美味しいご飯を食べられて嬉しいよっていう声はもちろんあるんですけど、それ以外に、なかなか普段喋れないこととかもその場で話せたりとか、そういう意味ではお互いにいい時間になってるんじゃないかなという風に思いますね。


~お米の需要と必要な研究~
敏夫:人口も減ってきてるところにきて、お米も多様化して、試食用米だけでなく、餌用と加工米がという形をとってるもので、なおかつ、やっぱり外国産米も入ってきてることで、それなりにも生産者も減ってきてますから、ちょっとやっぱり考えどきですね。

敏之:最近、「炭水化物ダイエット」とかでですね、お米を食べたら太るっていう風に言ってるムードがすごい強い中ですね、お米を食べたからって太るわけじゃない。瞬間的にはやっぱり溜め込んじゃうんですけど、それをですね、メディアとかもちゃんと伝えてもらえればいいなと思いながらも、私の方としては、お米食べても太らないよ。食べ続けることによって太らない体質になるんだよ。っていうのは、会った人には言っていたりとかはしていますね。
(外国産のレベルは)実際には上がってるとは思います。外食では使ってるところももちろん増えてきてるっていうのもありますし、そういう意味では、レベルとしては上がってきてるのかなというのは実感していますね。

やはり日本人なので、食べた時の粘りであったり、香り、甘みっていうのは、やはり日本のものが1番強いですので、それは外国産ではやっぱり得られないので、そういう意味では違いはありますね。
試食をやる時は、実際同じ炊飯器なんですけど、同じメーカーのものを使って、同じ水分量、加水率ですよね、であったりとか、その浸漬時間。もう全部同じ条件でやって、それを同じタイミングで炊き上がって、同じように蒸らして、それで食べることによってその違いっていうのを感じるという感じですね。

敏夫:中には新種的にも加工米のようなものがありますけども、たまにそういうものを炊いてみて研究してます。
私のところでは従業員さんにも食べてもらって「この米はどんなふうなの?硬いの?粘りがあるの?味があるの?」というのは逐一いろんな種類が出てきてますからそれでやってますね。

ナレーション

ここからは、テーマにそって、
「鍋屋商店」の持つ長寿企業の知恵に迫る。
最初のテーマは創業の精神。
創業者の想いを紐解き、現在に至るまでの経緯、家訓や理念に込められた想いを紐解く。

敏夫:買って喜ばれる、売って喜ぶっていうことですね。喜ばれるっていうことです。お米にしても買って、なおかつ生産者に喜ばれて、また良い品物を販売すれば消費者に喜ばれるっていうことで、売ってを喜ばれて、買っても喜ばれてっていうことを考えてますよ。生産者ありきですよね。米を作ってもらう。農家さんには裏切らないように、いろんな話をしても聞いてやるっていうことで、できる範囲、そのことに協力するっていうことなんですけどね。

敏之:生産者は農家さんを大事にしろ。っていう言葉もありますし、実際に態度とかそういうのでは結構大事、っていうか重んじてるなっていうのは感じますね。

敏夫:行かないときは、取りに来てよと言われれば、取りに行ってやるとか、そういう少しのサービスっていうことが、単価は少し違っても、必ずいつか埋め合わせするよっていうようなことでやらせば、それなりについて来ますね、農家さんは。


~理念の浸透~
敏夫:従業員さんたちも、一応言ってるんですけども、農家さんもお客さんも大切にするようにっていうことは言ってますけど。浸透はしてませんね。

敏之:浸透はしてないと私も思ってはいます。けど、社長が言ってることとかは、理念のことを言っているので、そこをやはりもっとわかりやすく伝える必要だったりとか、っていうのは必要なのかなというのは思っています。
理念っていうのは時代に合わせて変えていいものだと思いますか?

敏夫::根底を変えなければ、時代に合わせて変えてもいいと思いますよね。昔はもう指図と目の合図で全部用たりちゃうんですけども、そこの差がだいぶありますよね。時代のもんかなと思います。

敏之:後は、昔は長く働くっていうのが普通にあったけども、最近は社員とかがサイクルが早いっていうのもあって、そのへんもあるのかもしれないですね。

敏夫:直接話して怒ると、今の人は返答して来ますよね。だから、そういう時は全部専務さんに話してからっていうことで。あとは、急用な時は、紙に書いて持たしてやるっていうことで、昔とはだいぶ違いますよね。

敏之:社長の中では、やらなければいけない優先順位とかが多分いろんなものがあったりとか、その状況を見てると、なかなかそうじゃない場合もあったりとかもするんですけども、やっぱ社長なので、そうなるようにしなきゃいけないんだと思いながらですね、調整が大変な時もありますね。
基本的には、社長が直接、細かい話というかちょっとしたことは言っていいと思うんですけど、ちゃんとした支持っていうのは、逆に、直接されると困るから、しないでくれとは言ってますけども。