Story ~長寿企業の知恵~ 「 創業の精神 」
次のパート→

森下仁丹 株式会社
オープニング・創業の精神 ~家訓や理念誕生の経緯~

ナレーション

今回のゲストは、森下仁丹株式会社8目代表 駒村 純一
代表取締役専務 森下 雄司

創業は1893年(明治26年)
初代、森下博が大阪市東区淡路町に森下南陽堂を創業。
1900年に梅毒の新剤「毒滅」を販売し、商標にはドイツの宰相「ビスマルク」を使用したことで、その名は瞬く間に日本全国広まった。

1905年、懐中薬「仁丹」の販売を開始。
発売から2年後の、1907年には海外輸出を開始し、今日まで「健康の外交官」として多くの人に愛用されている。

1936年、社名を、「森下仁丹株式会社」に改組するも
1945年の空襲により本社、第一工場など、多くの施設が全焼。
しかし、そんな苦境に立たされながらも、同年に再建し、事業を継続し続け
その後、ビフィズス生菌のカプセル化成功し、1993年に「ビフィーナ10」の発売。

現在では、医薬品のみならず、サプリメント、化粧品、食品など、多岐に渡って展開している。

今回は、そんな森下仁丹の8代目、駒村 純一
代表取締役専務、森下 雄司)の言葉から、
次代へ継承すべき森下仁丹の持つ長寿企業の知恵を、紐解いていく。

~事業内容~
駒村:もともとはですね、銀粒の仁丹と、それから水銀の温度計、これが主力の商品だった会社だったんですけど、最近では、液体とかそれから粉を中に封じ込めるシームレスカプセルっていう技術をコアにしましてね、医療用の医薬品、それからOTC医薬品、機能性表示の食品、一般食品、加えて、この技術を使って産業用の用途開発っていうところで事業展開している会社です。

森下:消費材っていうか個人の人が使うものにはなるんですけども、健康っていうことを当初から、健康とか医薬とかそういったところを中心にやってきてますけども、どこでも出来る商品じゃなくてですね、今社長からあったように、カプセル技術も含めて、自社の独自のものを出来るだけ作ってですね、出来るだけそれを多くの人にとってもらえるように考え方ですね。技術と、あとは治験ていうか、ある程度これまで蓄積したものを使って、我が社ならではの製品を積極的に変えていこうという考え方で事業をやっています。


~腸内フローラの持つ可能性~
駒村:腸内フローラっていう概念が、ここにきて随分変わってるんですよ。昔は、善玉菌とかね悪玉菌っていうことで片付けてきたんだけど、実際みんなね、腸の中のね、細菌のフローラは全然個人個人違っていて、一番最適なもの、食べ物も含めてね、「これは何だ?」っていうのがこれからの実は一つのポイントになってきます。
だから、我々もね、商品の開発の方向性っていうのは、単純にこれをとればフローラがいいとかね、どうのこうのっていうもうアプローチではない。少し方向を変えている最中ですね。

森下:ビフィーナが自分もとってますし、1番おすすめして皆さんも評価していただいてるものではないですかね。

駒村:最近出た中では、サラシアっていう素材が、糖の吸収をカットするんで、まぁお茶漬けまで実は出していただいたり。コラボで一緒に。山本海苔さんと一緒にやって。あと、あれがいいじゃない、テラニン。
テラニンっていうのは、所謂鎮静効果ですよ。気分を落ち着かせる。それね、こういうちっちゃなゼリータイプのを最近出したんで、この辺は是非1回お試しいただくとね。

ナレーション

ここからは、テーマにそって、「森下仁丹」の持つ長寿企業の知恵に迫る。
最初のテーマは、「創業の精神」。
創業者の想いを紐解き、家訓や理念に込められた想いを紐解く・・・

駒村:創業者が作った社是があるんですよ。それがね、「原料の精選を生命とし、優良な製品を作り、進みては外貨を獲得する。さらに、宣伝広告については、薫化益世の精神を持って行うべし。」あの3つのポイントなんですけどね、僕の前にいたところの三綱領と同じような、非常に類似した言葉で、これに実は入った時に感銘を受けたなっていう。そういう社是があります。
で、よく言います。みんなわかってんの?って。すごいですよ、当時、明治の終わりの頃、外貨をとにかく獲得する。現に、明治から大正にかけては、もう輸出額、日本からの医薬品典系のね、輸出額ナンバー1なんです、仁丹っていう会社は。
っていうことをずーっと言うんですけど、なんかちょっとね、古い時代のことなんで、もうひとつどうかな?若干その辺の不安があるんですけどね、それは常に言ってます。

森下:社長も折に触れお話になりますし、みんなも認識してるとは思うんですけど、結局行動が伴わなければ意味がないし、言葉を新しくしても結局そこに繋がらなければ、意味がない。医薬品のメーカーである限りは、基本的にその位置では変わらないと思いますから、基本的にはそれに基づいてみんなそれぞれ。
で、部門もそれぞれ違いますから、本来、行動は結果的には違うものが出てくると思いますけど、基本それに準じてみんな少なからずやってますし、もっと我が社として取り組むとすれば、どんどん出してきてもいいかなというところで、浸透とすればみんな認識はしてますけど、そこから次の行動に移すっていうのをもっと力を入れないといけないかなぁと思います。


~歴史を学ぶ重要性~
駒村:全く白紙で入ったわけではない。予感して調べたわけじゃないですけど、僕らが入る前に仁丹っていうのは、僕は生まれは神田なんでね。仁丹塔って有名な塔があったんですよ、浅草に。で、あの辺が本社なんじゃないかなっていう認識は結構、入る直前ぐらいまで持ってて。
で、たまたま私海外にいたんですけど、その周辺にね、森下仁丹の結構ステークホルダーがいたんですよ。で、チラチラとその仁丹ってこんなんっていう話を聞いてて。
で、戻ってきてちょっと調べて、あぁこんな会社かと思ってるときに、なんかタイムリーに仁丹からどうだっていう話があったという程度の予備知識です。

森下:入るまでも表面的なこととか、歴史とか、家に製品があったりしますんで、どんな製品やってるとかっていうことは認識はしてましたけど、やっぱり会社に入って見ないとわからないこともやっぱりたくさんあって、それは当然良い面も、課題とされるものも両方入ってみて分かったことがたくさんありますから。それまで見えてたものって商品しかなかったんで、当然入れば、社員だとか得意先だとか、いろんなものが絡んではきますんで、それを改めて見る機会になったのは入社してからだと思いますね。
身震いって言ったらあれですけど、やっぱり長く続いてきたっていうことの大変さでも感じますし、これから先、時代も変わって、さっきの社是と一緒で、時代時代で必要とされるものも変わってくるとは思うんですけど、これから先どういったものを作って行くかっていうのは、自分たちがやらないといけないっていうのは、再認識はそのタイミングでしましたんで、そっからですね、いろいろと考えるようになったのは。


~社長就任後に行った改革~
駒村:制度をね、法律と一緒で変えるってそう簡単じゃないんでね、その運用を、その時点で現実的な運用にしていく。ということで、これまで少しそういう制度上の歪みとかね、いうものを是正してきましたけど、そろそろ、制度全体を見直すタイミングにはきてるかなぁと思いますね。

森下:やり方を変えるって、結構やってる人たちからすればですね、不安だったりですね、難しさがやっぱりあって、嫌がる人だとかですね、やっぱりそういう風に感じてる人は多かったと思いますよね。ただそれは、こういう方向に持っていくためにとか、ここをこうするためにとかっていう説明を踏まえてですから、やっぱりそこはきっちりみんな新しく変わったものについてはそれでやろうっていう意識を持ってやってた人も多いと思います。
だから、なかなか合わなかった人はもしかしたら、去っていた方もおられるかもしれませんし。でも今、その結果、よくなってるとこも非常に多いので、みんなを信じてやるしかないかなぁと思います。


~二人の役割分担~
森下:両方バッて言ったらね、みんな逃げ場所なくなりますから(笑)

駒村:そうそう。2人とも詰まってね。こうだこうだ!ってみんなの目の前でね、やりあってたら、これどうなっちゃうのってことでね。どっちかが、でも両方とも引っこんでたらね、なんかシーンってした雰囲気になっちゃって活力も出ないし。で、たまたま性格的なものもあると思うんですけど、ちょっとそういうその役割は自然になってるかなと。
僕はどっちかというと“前に攻撃していく”。下手すると、時々後ろを見ないで走っていっちゃう癖もあるんで、その辺専務が、“気を付けて見守っている”いや、見守るなんて優しい気分じゃないんだけど(笑)このままやらせてたら何するかわかんねぇなっていう、そういうコンビネーションが出てきてるっていう。これからもうちょっと先、進化させると。
ただね、もっと言って良いんじゃないの?って、自己主張、こう思う。

森下:でも、さっきもあった、社長がまず今の全面に出てお話されてますし、そこを私もどう形を作っていくかっていう今の立場にすれば、すごくそれはありますし。社長はもう先に言葉が出るところもありますから、そこをみんなに翻訳するっていう。


~理念の進化と浸透~
森下:元々古い会社というのもあって、今までやってきたことも大きいと思いますけど、自分たちとして積極的に変えていこうっていう意識がどれだけあったかっていうと、他社さんに比べて、まだまだ足りないのかなというのは過去あったと思うんですけど、そこはやっぱり社長がいろんなメッセージを発してですね、新しく変えていこうという、そういう意識は出来ているかなぁという風に思います。
だけど、いずれにせよ、真面目とうか、みんな基本的には、どこの会社もあるかもしれませんけど、真面目な人たちが多いっていう印象ですね。