Story ~長寿企業の知恵~ 「 創業の精神 」
次のパート→

innocently(茂木商事 株式会社)
オープニング・創業の精神 ~家訓や理念誕生の経緯~

ナレーション

今回のゲストは、innocently 4代目 茂木克祐

innocentlyは、埼玉県大里郡出身の初代茂木幾太郎が
明治36年(1903年)に神田富久町に「大里屋呉服店」として創業。
昭和7年に新宿へ移転し、貸衣裳専門店へと変更。
その後、昭和25年に現在の茂木商事株式会社として法人を設立した。

昭和63年には現在の本社ビル・東京本店を建設。
その後首都圏を中心に東日本エリアへの出店を加速し
平成22年にはSHOP名称を「innocently」に統一。
平成28年にはコンセプト毎に6つのブランドを展開するまでに成長。
また、平成29年には
マタニティウェディング専門エージェント「マタニティウェディングナビ」の運営を開始。

「innocently」は、「大切なお客様の感動的な1日を実現する」ために
サービスクオリティを上げ、事業領域を広げている。

今回はそんなinnocentlyの4代目、茂木克祐言葉から、
長寿企業の持つ、知恵、先代から受け継がれてきた物語を紐解いていく・・・。

茂木:

創業から115年、呉服の会社から始まりまして、今はそれを引き継いで婚礼の衣装、和装であったりウェディングドレスこれを中心に仕事をしております。 その他には、その事業を中心としまして結構式を紹介する事業だったりとか、またはスタジオを運営したりしております。
やはりあの、一つの事業にこう特化しているという店舗は比較的あるんですが、私どもは、その一つ一つを少し尖らせて特徴的にして、ここにしかない価値観というのをテーマにですね、ウェディングドレスでも、自分たちのオリジナルのデザインのブランドであったりだとか、または、ニューヨーク・ミラノから直接買い付けをしてくるその日本に上陸させているドレスであったりですとか、または、マタティーのお嫁さん中心に、専用の商品を作ってですね、そのブランドを作ったりとか。
やはり私ども、その衣装の仕事をするとですね、そのスタイリストがお嫁さんと非常に近い関係でお話をしたり相談に乗ったりと、このようなことがありまして、その中に当然今の時代ですと、おめでた・・・妊婦さんになられてから結婚式を挙げられる方がいらっしゃいまして、その中で、その方たちはなんとか結婚式をしようということになったのですが、実は統計的に妊娠をされると、大部分の方が、経済的な不安であったりとか、またはコンディションの不安であったりとかということで、その結婚式を挙げるってことを諦められてしまうっていうことがたくさんあるってことを目にしてきましてですね
そんな中で私どもは、なんとかしてそれを応援していくことが出来ないかということで、まずは妊婦さん専用の商品を開発しまして、商品のいろんな部分にその工夫創意を重ねて、妊婦さんがいかに楽にそしてデザインとしてもあまりその体型が目立たないという、このような商品を展開をして専用のショップを作ったりですとか。
または、妊婦さんが心配になるというようなことを心のケアからサポートしていきながら、実際にはこんな結婚式ができるよ。または、こんな風にすれば写真だけ残せるよ。場合によっては、出産をした後に、結婚式をするっていう、このような色んなアドバイスをするっていうことをして、よりその妊婦さんに身近に相談をいただける、そんな企業であるということを目指して取り組んでいます。

~スタイリストが伝える価値~
いかに人が介在して、そこの中にその高めたスキルの中で、いろんな提案をしたり、コーディネートをしたり、または、その場面によっては心のケアをしたりというようなことをし続けながら、お嫁さんに長時間寄り添いながらですね、当日の結婚式がいかに楽しみになるか、なんかワクワクしてくるっていうことも合わせてサポートしていくっていうことをスタイリストにはしてもらわなければならない任務としてやってまして、そのあたりは、スタイリストへの教育であったりとか、または、トレーニングを通じてお客様への価値観をより高めていくというようなことに力を注いでおります。
入社をした時からのその研修トレーニングというのがありまして、おそらくですが、もう同業の中で、最長と言われるぐらいの期間を通じてトレーニングをし続けます。ですので、所謂、デビューと言うか、所謂、お客様を1対1で直接担当するまでに非常に時間をかけてですね、徹底的にそのトレーニングを積んで、そのクリアをパスして、ようやくそのお嫁さんの前に担当として出れるというようなことをする、そんな積み上げる新人教育もありますし。 または、会社の中にも部門として、コーディネートプロモードの所謂センスを上げていく、またはいかにそのスペシャリストのコーディネーターを作っていくかというようなことにも注力してですね、全店舗・全社員に向けて定期的にその研修を行ったり、または、フィードバックをするというような、個別の教育まで含めてですねやるという、この取り組みをしております。

~昨今の結婚事情~
そうですね、社会全般のことで言いますと・・・もう少子化。これが、年々高まってくるというか、子どもの数が少なくなってくるって、これは業界として長期的なスパンでいったら、非常にこう問題にはなっています。
それともう一つは、私個人的な意見も入るかもしれないですけど、所謂、こう・・・まぁ、男性がこうグイグイともう「俺についてこい、幸せにする!」みたいな、こういう人がもう、ちょっと減ったのかなということも含めて、結婚する方たちがちょっと少なくなってるなっていうのは、正直業界としての大きな問題であったりですとか。なので、婚活事業が非常に盛んになったりですとか、私どもで言うところのそのマタニティーウェディングナビというこの事業が、いかにやっぱり結婚式ってとっても幸せなことだし、人生の大事な記念日になる、こういうことを創出していくっていうような、こんなことに取り組んでいるというようなところでございます。
これから大切になってくるっていうのは、所謂、その結婚式があって、披露宴があってといって、非常に盛大に挙げる。これもうものすごく大事ですし、その人生の思い出になるんですけども、もっともっと大事だなと思っているのが、やっぱりこの1日は、本人の2人であって、それを取り巻く家族のご両親であったり、この方たちにとってのかけがえのない1日。これをどれだけ大事で、あたたかくて、大切な人たちと過ごす時間のある結婚式。これを私たちは創出していきながらそれをサポートしていく、そのドレスの事業・またはその着物の白無垢の事業を通じて、世の中に提供し続けていきたいと、こんな風に思っています。

ナレーション

ここからはテーマに沿って、innocentlyの持つ長寿企業の知恵に迫る。

最初のテーマは「創業の精神」
創業者の想いを紐解き、家訓や理念に込められた想いを紐解く。

茂木:

毎朝みんなんが唱和したり、そこについて色々考えたりをするってことで作ってあります、この企業理念。言葉としましては、「人生の大切な1日の為に、優しき愛情と磨かれたクオリティーの提供により、感動的な記念日を創造すること」。
やっぱりたくさんの方がお祝いを持って、もうあの華やかな洋服になって、みんなが集まってお祝いをしてくれるって、そんなにないことなんですよね。まぁよくよく言われることで、人生に3回、自分の為に人が集まるっていうのは、赤ちゃんで誕生した時と、そしてお葬式になる時と、そして結婚式と。もう本人がそれを認識して、本当に感謝を伝えられるっていうのは結婚式の時だけ。この1日っていうのは、もう一生の思い出になって欲しいっていうその想いがありまして、絶対にその残念だったとかもっとこうすれば良かったていうことがないようなことを僕らは全力でサポートして差し上げたい。もうこの想いにつきて仕事をしてましてですね、そんな中で、一生の記念日になるっていうことを、私たちがどこまでできるかというのを挑戦しながらトライしてるっていう、こんな想いの中で今日に至ると。こんな感じです。
例えばですね、その社長室に額に飾ってあって、会社にはあるけど誰も知らない、なんてことが経営理念てよくよくある話なんですが、そうではない。もう本当に身体に入れて欲しいので、勿論唱和もそうなんですが、例えば、各店舗・各グループごとがその経営理念についての1ワード1ワードについて、これって私たちの仕事にとってどんな意味があるんだろうっていうことを徹底的に議論してもらって、で、私たちの部署でいう、この例えば「やさしき愛情」っていうのは、こういうことをすることだよね、っていうことを本気で話し合ってもらって、座談会と言いますかね、部署も違いながらも、年齢も違う人たちが、一緒になってその言葉の意味を考えて、だったらこうしなきゃいけないね、なんてことを取り組んだりですとか、半年ごとに、この半年間、この経営理念についてはこういうことを私たちの店舗は徹底的に意識して頑張ってきました。っていうことを掲げてですね、勿論、半年後に振り返るんですけども、さらには、1週間ごとにそれが出来てる出来てないっていうことをちゃんとチェックする係を付けてですね、で、点数をつけて、1年間ならすと、出来てる出来てない。じゃあ、次はこれを目指す為に、経営理念に対する目標があって、それが出来てるっていうチャレンジをやらせたりとかしてます。

~理念の浸透~
経営理念ということに関しては、あの達成ということがあると思ってないので、永遠の目標としてそれを成し遂げ続けるという意味では、これが出来たらということは多分ないでしょうけれども、ただ、その想いにちゃんと応えたような素晴らしい仕事をした、または、お客様に本当に感動させたというようなことがあると、年に1人または2人、ハート賞という、あのハートですね、で、ハートのマークのバッジをつけるっていうことをしてます。これは、経営理念に沿った仕事ぶり、お客様をどれだけ感動できるような仕事をしたかということで、そのような表彰をしたりはしております。

あの、どうしてもその、こと自体が硬いものになってしまって、私たちが仕事をしてるっていうその現場とその想いっていうのをこう繋げるっていうことが、非常に距離感があるなと思っていまして、そんな意味で、カレンダーに私が出ながら、その言葉を伝えていって、毎月毎月それを実行していくために、っていう、1ヶ月毎、月めくりのカレンダーを作ったりして。皆さんにクリスマスにカレンダーと共に、来年分って言って渡したりそんなことをしています。

~目標を持つ重要性~
「目標無き所に信仰なし」という言葉は、よくよく社員に伝えてましてですね、そなな中で、必ず目標、個人の目標でもいいし、ライフワークの目標でもいいし、どんなことについても何か目指すものがあれば、人生がやり甲斐が出てくる。会社も必ず、その半歩も1歩も先に進むっていう、こんな想いから目標をすごく大事にしてます。
ですので、例えば毎年正月になるとミニ色紙を全員に筆ペンで書いてもらってですね、今年1年これをやる!っていうのを、全員が色紙に書いて、で、貼ってるんですね。
そうするとそれはプライベートなことであったりとか、または勿論仕事のこと、で、1つに健康っていうのもやっぱりすごく大事なキーワードなので、仕事の目標・健康目標、これを1こずつ書いてもらうなんて、こんなことをしててっていう、まぁそんな目標を大事にするっていうか、掲げることをとても意義があることとしている中でですね、今はあの所謂、必勝だるまというか、だるまってあの片目を入れて、で、例えば選挙の時に当選するともう1つ目を入れるとかってありますけど、そのようなことを全店舗でしてまして、で、目標、結局スタートする時に片目を入れて、みんなで入れるんですね。で、目標を達成すると、もうやれおめでとう!って言って僕が行ってですね、反対の目を入れて、みんなでイエーイ!みたいなことをやってくってなことを年中やっててですね。
これは1つ終わると次が出てくるもんですから、1つ目をダルマの太郎と名付けてですね、で、2つ目になると次郎。3つ目になると三郎。という、こんなことをやってまして、で、4つ目がくるとですね、今度は四郎なんですが、だるまもコーポレートカラーの緑が太郎から三郎なんですよ。四郎になると、シルバー四郎ということになりまして(笑)で、あの5つ目になるとゴールド五郎と言って、このゴールド五郎はまだないんですけどね、今シルバーが先頭を切ってる店舗なんですけど、そんなことで楽しみながらも目標を作りながら、で、みんなでそれに対して頑張っていこうよっていう空気づくりっていうのがとても大切かなって。
やっぱり社員が生き生きと何かに目指すっていうこのような環境づくりをなんとなくこう、下支えをしながら作っていくっていう、このようなこともしたりしてます。楽しみながらやっています。

~お客様の喜びは、スタッフの心掛けから始まる~
実を言うと、お客様の満足度っていうのは、スタイリストとの関わる試着をした時、ドレスを着た時、白無垢をこう羽織った時っていうこと、勿論ものすごくインパクトの強いタイミングなんですが、実は、私どもの店舗にご来店なさられるって電話をかけてきたインフォメーションのスタッフから、「とっても気持ちいい、なんと結婚式をするところに申し込むのにこんないい方たちなんだ」っていうそのテンションから始まって、お出迎えをするインフォメーションのスタッフであったりだとか、勿論スタッフで。
契約というかお客様のお申し込み頂いたあとはですね、結婚式に向けて、例えば、クリーニングをするスタッフ。糸と針を持ってそのお客様の1cm単位を詰めていくような細かい仕事をするスタッフ。最終的にはそれを結婚式場に配達をしていくスタッフ。
いずれもがですね、勿論チームワークを組んで仕事をしていくんですが、1つに流れていくんですが、それぞれが、糸と針を持っても、当日の結婚式絶対成功してね!って言いながら縫い物をしてる。ちょっとでも汚れがあったらもうありえないっていう、汚れというかですね、気になるところが0パーセントって言って完璧な納品をしていくっていうことを、もう繰り返し繰り返しやっていって、もうこの業界どこにも負けないくらいほんとうるさいくらいやってますんで、これはもう当日、本番の結婚式の大事さってことはもう訴え続けているので、その辺りがやっぱりチームワークがないと、私のところ終わったからあとは構わない。こういう仕事でやっぱりその最終的な結婚式当日の満足度が上がるとは思えないので、まぁそれが大事なことということで作っています。