Story~長寿企業の知恵~ 「 NEXT100 」
←前のパート
企業トップに戻る

株式会社 山本海苔店
NEXT100 ~時代を超える術~

ナレーション

最後のテーマは、「NEXT100 時代を超える術。」
100年後にも変えない、山本海苔にとっての核。
そして、未来を見据え変える必要のあるもの山本海苔にとっての革新とは?

德次郎:

それはずっと最初から話してるけれども「美味しい海苔をお客様に提供する」っていう気持ちと「働いている人達を大事にする」って代々繋がっていることはですね、絶対に変えてほしくないと思います。
あとのことは、商売の仕方とかいろんなことはいくら変えていってもいいし。ただ、海苔から離れていいかどうかはちょっと難しい…かなり難しいところかもしれないですけど。
「海苔を基本として、お客様に喜ばれる海苔屋で、働いている人達が楽しく働いてくれる会社」にしてもらいたい、さらにね!と思うけどね。

~長寿経営を行う為に、一番必要なもの~

德次郎:

変えるべきものと、変えないものの見極め(が大事。)要するにコアですよね。
うちのコア。なぜ、山本は山本か?他の海苔屋さんではできない山本独自のうちしかやれないものは何か?っていう。コアは変えてはいけないものだと思うので、ここを変えないで、でも周り(それ以外の部分)はドラスチックに変えていくってことが大事なんじゃないかなと思いますけど。

貴大:

僕も全くそう思うんですけど。「カンブリア宮殿(番組名)」で、崎陽軒の野並社長が言っていた事が結構衝撃で。「何を変えてよくて、変えちゃダメなんですか?」という質問に対して、「変えるのが、簡単なものほど変えちゃいけないんです」って言ってて、うわーって(思って)。「難しいものは別に変えていいんじゃないですか?」って言ってて、凄い社長だなと思って感動したことがあったんで。
本当に品質を落とすとかは簡単なことだと思うんですけど、そこは変えちゃいけないんだなってことを学んだことはありますね。

德次郎:

深いね。

貴大:

深いよ。

德次郎:

はははは(笑)
ではこれから頑張ってね。はははは(笑)。

貴大:

今良いのが撮れましたね、はははは(笑)

ナレーション

「伝統は革新の連続である」という姿勢を持ち続け
お客様に美味しい海苔を提供し続けていきたい。

この想いは100年先の後継者たちへ受け継がれていく…