サンフーズ 株式会社
1916年(大正5年)創業

広島の風土が育んだ、広島の味

広島名物『お好み焼』に使用する『ミツワお好みソース』『ヒガシマルお好みソース』 で名をはせるサンフーズは、
液体調味料メーカーとして、広島市の食文化の発展と共に、歴史を刻んでいった。
サンフーズのソースは、お好み焼のフードテーマパークとして、全国的に有名な『お好み村』の25店舗全店で使用されており
広島市が選定する『ザ・広島ブランド味わいの一品』に、弊社製品『冷蔵お好み焼「お好み村」』と共に選定されている。

代表紹介

代表取締役
5代目 布崎 正憲(ぬのざき まさのり)

大阪の大学を卒業後
神戸にある総合商社で輸出の業務に従事
ミツワ食品株式会社と中東商店の合併のため広島へ戻り
平成12年 5代目として社長に就任する。

サンフーズの歴史

1916年(大正5年)
ミツワソース商会(現サンフーズ株式会社)創業。
1950年(昭和25年)
広島の新天地広場にお好み焼きの屋台が集まり、現在の「お好み村」ができる
1956年(昭和31年)
お好みソースの製造に着手。
昭和40年代
「お好みソース」の原形がに誕生。
1973年(昭和48年)
ミツワ食品株式会社と東商店が合併しサンフーズ株式会社設立。
昭和60年代
広島市の観光課で「広島のお好み焼きを全国へ広める」という活動が発足される。
2005年(平成12年)
正憲氏が5代目代表取締役に就任する。
2016年(平成28年)
創業100年を迎える。
企業情報:
サンフーズ 株式会社 / 広島県広島市南区出島1丁目26番1号 /  082-250-2511(代)
公式ホームページ:
http://www.sunfoods.net/

サンフーズの「知恵」

Story 長寿企業の知恵(全編)

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

「お腹を満たし、心を満たすもの」

広島の食文化発展のため、一役買ってきたサンフーズ。
広島といえば コレ!と言われるほど“お好み焼き”は代表的な料理だ。

そこに欠かせないのがお好みソース。
サンフーズのミツワソースが昔から多くの人に愛される理由。
そこに隠された創業者の想い、創業の精神に迫る!

「決断」~ターニングポイント~

「お客様のお役に立つために」

“ソースだけでお客様を喜ばせることができるのだろうか…”
この想いが、事業を広げるきっかけとなった・・・。

大きく変動した時代に決断した
サンフーズのターニングポイントとは!?

「貢献」~地域、業界との絆~

「SunSun広島」
世界中の人にお好み焼きを

広島の特産品、お好み焼き。
洋食文化のひとつの大きな要素として認めてもらうため
地域での認知度を高めるため
サンフーズが手掛けてきた活動、地域への貢献との絆とは⁉

「NEXT100年」~時代を超える術~

「バトンタッチするための信頼」

会社のスタッフのみならず
育ててくれたお得意様たちの支えがあって
お好みソースに特化した会社が100年続けてこれた。

感謝の気持ちを胸にサンフーズが目指すNEXT100とは⁈