江戸趣味小玩具 助六
1866年(慶応2年)創業

もう一度来たい店「MINI来て!助六」

江戸時代から続く日本最古の商店街の一つである「浅草仲見世通り商店街」に店を構えて150年余。
小さいながらも細やかな細工と工夫を凝らした小玩具を取り扱い、
また、縁起物の玩具など見た目のみならず深い意味や想いを込めて、町民に愛され続けている。

代表紹介

代表取締役 社長
5代目 木村 吉隆(きむら よしたか)

慶応義塾大学経済学部卒。
会社勤務の後、1979年に家業である
江戸趣味小玩具「助六」を継いで5代目主人となり現在に至る。

江戸の文化や風俗に関して造詣が深く
その洒脱な話しぶりで講演依頼も多い。

助六の歴史

1866年(慶応2年)
八代将軍吉宗の発布で大きく贅沢な玩具が御法度になり、小さくて精巧な玩具を作りを始める
1923年(大正12年)
関東大震災により浅草「十二階」崩壊。仲見世は瓦建築の一部を残し、火燼と化す。
1925年(大正14年)
鉄筋コンクリート建ての近代的な仲見世が誕生。
1948年(昭和23年)
東京大空襲で浅草寺本堂、五重塔、仁王門とともに仲見世焼失。
1960年(昭和35年)
松下幸之助氏の寄進により、仲見世の入り口の象徴「雷門」が建立される。
1979年(昭和54年)
木村吉隆氏、助六5代目に就任。
企業情報:
江戸趣味小玩具 助六 /  東京都台東区浅草2の3の1 / 03-3844-0577
公式ホームページ:
http://www.asakusa-nakamise.jp/shop-7/sukeroku/

Another Story

語り継ぐべき日本の逸品「江戸趣味小玩具」

老若男女、日本人から外国人まで実に幅広い層のお客様が訪れる「助六」

仲見世ならではの主人とお客さんの距離感に、浅草、そして「助六」の文化が長きに渡って継承されてきた秘訣を、垣間見ることができた。