株式会社 千疋屋総本店
1834年(天保5年)創業

今や高級果物の代名詞 世界に例のない果物専門店

1834年(天保5年)に江戸庶民の店から始まり、日本初の果物専門店として創業。
現在17店舗を構え、果物専門店として、昔から多くの人に愛され続けている。

代表紹介

代表取締役
6代目 大島 博 (おおしま ひろし)

1957年 日本橋にて出生
1981年 慶応義塾大学法学部政治学科卒業
アメリカ、ロンドンへ留学を経て
1984年 株式会社ドップス・インターナショナル入社
1985年12月 千疋屋総本店に入社
1998年2月 同社代表取締役社長に就任
現在に至る

千疋屋総本店の歴史

1834年(天保5年)
果物と野菜類を商う「水菓子安うり処」として店を構える
1864年(元治元年)
二代目文蔵が店を継ぐ
1867年(慶応3年)
三代目代次郎が、日本橋本町(室町)に店を移動
1938年(昭和13年)
株式会社に改組、四代目代次郎が社長に就任
1971年(昭和46年)
現日本橋本店ビル新築開店
2005年(平成17年)
日本橋に新本店ビルオープン
企業情報:
株式会社 千疋屋総本店 / 東京都中央区日本橋室町2-4-1 浮世小路千疋屋ビル(本社) / 03-3241-8818
公式ホームページ:
http://www.sembikiya.co.jp/

Another Story

時代に合った店づくり
大島氏の舵取りに注目が集まる

現在は6代目を大島博氏が引き継ぎ、千疋屋総本店・代表取締役社長を務めている。

フルーツという気候・時節に左右されるデリケートな商材を扱いながら、千疋屋という老舗ブランドをいかに守り育てていくのか。