株式会社 三宅本店
1856年(安政3年)創業

伝統の酒蔵から新しい時代のお酒を

「千福一杯いかがです♪」のCMソングで知られる清酒千福の蔵元・株式会社三宅本店。
西国を代表する旨口の酒であり、明治末期より4000石以上の生産を誇った名門蔵。
広島県下の品評会のみならず、全国新酒鑑評会も数々の受賞を誇る。

代表紹介

代表取締役
6代目 三宅 清嗣 (みやけ きよつぐ)

1959年(昭和34年)生まれ、広島大学経済学部卒業。
山梨県のワインメーカーで修行後、1982年10月三宅本店入社。
取締役・常務を経て1997年12月から社長。
かつて呉JC理事長、日本JC副会頭・専務理事を歴任。
公職は呉同済義会会長、呉市防災協会会長を務める。現広島県酒造組合会長。

三宅本店の歴史

1856年 (安政3年)
創業 屋号を地名にちなみ「河内屋」と称す
1925年(大正14年)
「合名会社三宅清兵衛商店」設立、「広島支店」開設
1933年 (昭和8年)
「満州千福醸造株式会社」を設立
1939年 (昭和14年)
「株式会社三宅本店」と社名、組織を変更
1980年(昭和55年)
紙パック入りの清酒「ふくぱっく」販売開始
1982年(昭和57年)
「生酒」を販売開始
2011年(平成13年)
品質管理・保証の国際規格「ISO9001」を取得
企業情報:
株式会社 三宅本店 / 広島県呉市本通七丁目9番10号 /  0823-22-1029(代表)
公式ホームページ:
http://www.sempuku.co.jp/

三宅本店の「知恵」

企業紹介VTR
(第1回 地方創生経営者フォーラム・広島)