東京物理療法研究所 東京温灸院
1914年(大正3年)創業

副作用なく健康な体づくりが期待できる治療法“温灸物理療法”

「いかに健康を保ち続けるか」、「病気になる前に病気になりにくい体をつくる」
という想いと共に、歴史と信頼を積み上げて100年余。
海外からも注目を集め、唯一無二の“秘薬”や“知恵”を伝承し続け
現在も多くの人々の健康の手助けをしている。

代表紹介

代表取締役社長
4代目 小宮 由希子(こみや ゆきこ)

白百合学園卒業、洗足大学ピアノ科卒業
東京医療専門学校卒業後、

1984年 東京物理療法研究所 東京温灸院ヘ入社

東京温灸院の歴史

1914年(大正3年)
日本橋水天宮前外来医局にて研究。震災のため牛込区市谷「救世軍士官学校」の隣に移る
8年の歳月をかけ、温灸器を発明
米医学会シカゴ市ナショナル大学名誉理学博士の学位を贈られる
1948年(昭和23年)
建物の建て替えが行われる
1952年(昭和27年)
株式会社へ変更
1984年(昭和59年)
自社ビルを設立
1988年(平成10年)
現在の四谷に移動
2014年(平成27年)
創業100年を迎える
企業情報:
株式会社 東京物理療法研究所 東京温灸院 / 東京都新宿区四谷1-2-30 第2・四谷中村ビル4F /  03-5366-6431(代)
公式ホームページ:
http://www.onkyu-tokyo.com

東京温灸院の「知恵」

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

創業より受け継がれる秘薬

温灸誕生の秘密
不妊治療で悩む女性を中心に、
日本全国に多くのファンを持つ東京温灸院の“お灸”

温灸器誕生の秘密とは?
受け継がれるお灸に込められた創業者の想いに迫る!

「決断」~ターニングポイント~

戦争や震災を乗り越えるも訪れた苦境。

それは、自社ビル売却に伴う医院の移転、
同族会社だからこそ起きる相続問題であった。

果たして、それらの苦境をどのように乗り越え、
現在に至るのか?

会社と4代目小宮氏ターニングポイントに迫る!!

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

驕り高ぶらず、謙虚に。
常に感謝の気持ちを大切に。

大変な時こそ忘れそうになる初心、そして感謝の心。

4代目小宮氏には
いつも心に留めている先代の言葉があった・・・

「伝統」~受け継がれる伝統~

初代の利三氏が残した
「体質の改善と温灸物理療法」

様々な治療法が存在する現代において、
自身が体験しているからこそ、温灸の良さを伝えたい。

60年以上通い続けている方もいるという
東京温灸院の受け継がれる伝燈とは?

「NEXT100」~時代を超える術~

“自然の力で、自分の力で”
100年先も変わらない唯一無二の療法

東京温灸院が100年の時を超え愛され続ける理由。
それは、温灸器と秘薬の存在である。

これまでも、この先も人々の健康維持を目指す温灸院の
100年先も変わらない核となるものとは?