鍋茶屋
1846年(弘化3年)創業

新潟の味は鍋茶屋の味

創業は江戸末期、弘化3年(1846年)。店名の由来は、初代高橋谷三郎が、すっぽん料理を始めたことによるもので
以来160年にわたり伝統の味と技そして風格を受けついで、古町花街と共に多くの文人墨客に愛されてきた。
木造三階建の料亭は、平成12年に、文化庁の「保存文化財」にも登録され、
ゆったりとした佇いで、時の移ろいを今に伝えている。

代表紹介

女将
6代目 高橋すみ(たかはし すみ)

京都女子学園、藤川服飾学園師範科を卒業

1968年 鍋茶屋6代目に嫁ぐ
1975年 4代目女将の逝去により女将になる

公益財団法人ソロプチミスト日本財団理事
元新潟三業協同組合理事長
元新潟コンベンション協会理事
元新潟商工会議所議員ならびに女性副会長を務める

鍋茶屋の歴史

1846年(弘化3年)
高橋谷三郎が創業
1878年(明治11年)
明治天皇聖駕当地にお成りに際し、会席の食事を用意
1908年(明治41年)
若狭屋火事と9月4日の大火で2度の火事にみまわれる
1910年(明治43年)
2代目高四郎と初代夫人の尽力により、現在の地に再建
1938年(昭和13年)
3代目高四郎の増築
1940年(昭和15年)
4代目にあたる一郎が43歳の若さで早逝
企業情報:
鍋茶屋 / 新潟県新潟市中央区東堀通8-1420 /  025-222-6131
公式ホームページ:
http://www.nabedyaya.co.jp/

鍋茶屋の「知恵」

「企業紹介映像」

1846年 新潟の地で創業。
初代、高橋谷三郎(たかはし やさぶろう)がすっぽん料理を始めた事が店名の由来。 
以来160年にわたり伝統の味と技そして文化を受け継いできた。

1878年(明治11年)には明治天皇に料理を調進し、文豪 尾崎紅葉は
「短夜の 夢ならさめな 樽ぎぬた」と鍋茶屋の空間の風情、芸妓の踊り
唄や酒樽の音色を詠み、各界著名人も多く訪れる
新潟を代表する料亭である。
    
明治時代に建てられた木造三階建の料亭は、文化庁の「保存文化財」にも登録され
ゆったりとした佇まいで、時の移ろいを今に伝えている。