Story ~長寿企業の知恵~ 「 創業の精神 」
次のパート→

株式会社 桝屋
オープニング・創業の精神 ~家訓や理念誕生の経緯~

ナレーション

今回のゲストは株式会社桝屋。

8代目代表 加藤勤。1907年、株式会社桝屋の前身となる、合資会社桝屋商会が誕生し、米穀精米、製粉、食品、肥料・飼料、石油製品、セメントなど、卸会社として、三多摩地域に事業を展開してきた。

その後、1947年に現在の「株式会社桝屋」に商号変更し、1958年のスーパーマーケット「マルフジフードセンター」を開店以後、時代の変化に対応しながら、卸売業から小売・サービス業に事業転換を果たした

現在も「お客さまに信頼され、満足していただける経営」を信条に、地域密着で日々のくらしに必要な商品の販売とサービスを提供しているのだ。

今回はそんな桝屋の8代目代表、加藤勤の言葉から、先代達が下した決断、語り継がれる物語を紐解き、桝屋がもつ「長寿企業の知恵」に迫る!

石田:

今回のゲストは、株式会社代表取締役社長 加藤勤(8代目)さんです。よろしくお願い致します。

一同:

宜しくお願いいたします。

朝岡:

桝屋さんは様々な事業なさっているようですが、具体的にどのような事業内容ですか。

加藤:

例えば、不動産業や食品スーパー、カーディーラー、あとガソリンスタンド、書店などですね。