株式会社 教文館
1885年(明治18年)創業

キリスト教の専門書を多く取り揃える、銀座のオアシス 教文館

銀座という地域の特性に合った品揃えと、接客を重んじ
一般雑誌、文庫、新書などの他、文芸書・人文書をメインとする販売のみならず文房具も充実している。
キリスト教の専門書・グッズの品揃え、児童書の専門店として全国的に高い評価を得ており
社内イベントホールで、絵本の原画展、季節に合わせた商品の展示やイベントなどを行うなど
出版不況の時代を生き抜き、本を愛するお客様の友としてあり続けることを目指す。

代表紹介

代表取締役社長
9代目 渡部 満(わたべ みつる)

都立上野高校卒業、
1975 年 (有)ヨルダン社出版部
1982 年 (株)教文館出版部へ入社
1995 年 取締役出版部長に就任
2005年 代表取締役社長に就任

社団法人銀座連合会理事、銀座四丁目共和会(町内会)副会長、
築地防犯協会防犯活動推進委員を務める。

教文館の歴史

1885年(明治18年)
アメリカのメソジスト監督教会が日本に設立した日本美以教会の出版、書店事業として創業
1891年(明治24年)
銀座竹川町(現在の銀座7丁目)に店舗を出す
1896年(明治29年)
屋号を教文館とする
1926年(昭和1年)
日本基督教興文協会と合併
1933年(昭和8年)
現在の教文館ビル竣工、組織を株式会社にする
1996年(平成8年)
エインカレム開店
1997年(平成9年)
全館改装
1999年(平成11年)
子どもの本の店ナルニア国開店
2004年(平成16年)
Café きょうぶんかん開店
企業情報:
株式会社 教文館 / 東京都中央区銀座4-5-1 /  03-3561-8446
公式ホームページ:
http://www.kyobunkwan.co.jp/

教文館の「知恵」

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

人間の人格形成にとって
大事な書物を出版・販売すること

教文館に継承されている理念の中核には
切っては離せない「キリスト教の教え」がある。
キリスト教と聞くと宗教観を強く感じてしまいがちだが
その教えには、生きとし生ける者
誰しもが抱く考えや想いに通づるものがあった。

教文館の受け継がれた、創業の精神に迫る。

「決断」~ターニングポイント~

銀座という地域で受けた被害

長寿企業の歴史を語る上で避けて通れない
”震災”と‟戦争‟。

苦境の中で生まれる絆や知恵は、大きな道を切り開く術となる。
教文館に訪れたターニングポイント
そして9代目渡部氏自身のターニングポイントに迫る!!

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

自分とは何か、自分を表現する
‟言葉と出会う”ということ

先代と関わりの中で生まれた想いは、
自身への‟問い”を深めることとなった。

9代目渡部氏が受けとった言葉。
そして、現在胸に刻む言葉に迫る!

「貢献」~地域、業界との絆~

教文館が銀座の地に遺り続ける理由

銀座には今での専門店が多く立ち並ぶ。
デパートのような総合的な施設ではなく
キリストの宣教師が生み出した会社が
日本を代表する文化的な街と言える「銀座」で存続し続けている理由。
それを紐解くべく、教文館にとっての地域との絆に迫る!

「NEXT100」~時代を超える術~

書籍の100年後、銀座の100年後

書籍の電子化など、変動著しいる時代の中で、
今後も「知的・文化的」な部分は失わずに遺したいと語る渡部氏。

お客様の信用を引き継ぐことに重きを置く教文館の
NEXT100とは⁉

写真でみる教文館