Story ~長寿企業の知恵~ 「 創業の精神 」
次のパート→

京橋白木 株式会社
オープニング・創業の精神 ~家訓や理念誕生の経緯~

ナレーション

今回のゲストは、京橋白木株式会社
4代目代表  竹下 茂雄、専務  竹下 雷太。

創業は1896年。
初代 竹下松蔵が中央区八丁堀にて創業し、1913年には大根河岸青物市場に移転後、
荒物雑貨問屋「白木屋本店」を開業。
その後、1923年の関東大震災により、一時的休業、第二次世界大戦の東京大空襲により、店舗が焼失するなど、様々な苦境に直面するも、
1946年に「白木屋商店」として営業を再開。
1973年、中央区京橋に本社社屋の竣工を開始し、「白木雑貨株式会社」と社名変更法人化する。
2005年に現在の中央区八丁堀に移転し、「京橋白木株式会社」に商号変更をした。

創業120年を期に掲げた、コーポレートメッセージ
「『New value on the table』
の基、国内外の「外食産業」におけるプラットフォーマーとしてお店づくりに必要な
「モノ、コト、ヒト」を繋ぐこと、「人を幸せにしたい」という志を抱く、飲食店の繁盛、業界の発展に貢献すべく、新たな価値を、提供し続けている。

今回は、そんな京橋白木の4代目、竹下 茂雄、専務取締役、竹下 雷太の言葉から、
次代へ継承すべき、京橋白木の持つ長寿企業の知恵を紐解いていく。

茂雄:我々レストランを180度ひっくり返したときに、落ちていくものそれの口に入るもの以外のものを取り扱っている商社、いわゆる料理道具ですとか食器とかそういってモノを取り扱っている食専門の商社になりまして、東京都内を中心にレストランさん居酒屋さん、ホテルさんなどにお届けしております。
BtoCじゃなくてBtoBなので、お客様のもとに出向いて行って、直接販売しております。
取扱店数が10万点以上と非常に多いので、まず飲食店さんが困っている商材が手に入らないことはないことと、すべて自社配送でやっているので、不在配達とかそういう問題が結構あると思うんですけれども、そういったことがないので。
非常に飲食店さんって現場が時間がなくていろんな業務に追われている中で我々がそこの流通の購買の代行が一社はいることによって、すべて商流と物流が整って届けられるというのが一番の強みですね。


~こだわりと強み~
茂雄:クライエントさんが飲食店さんなので、やはり食器や調理道具であれば業務用の扱いに耐えられる“耐久性”といったものも必要になってくるので、ただデザインがいいとか安いからいいっていうものでは選ばないように。

すべて自分たちの営業が自社配送しているので、結局現場の困りごとを直接拾えるんですね。なのでそこで上がってきたやつを優先順位つけて我々が判断していくっていう方向でやっていますね。ぼくらが「これやろう」と押し付けちゃうと結構現場との解離があるので。温度差が。それがないようにどちらかというとユーザーさんの声を聞いて判断していくっていう形にしています。
営業日報をいわゆるSNS型にしているので、その都度上がってくるものを僕らがキャッチして情報交換している形です。


~会社の特徴や制度~
茂雄:例えばある意味でその良い意味でこだわりがないので、結構自分たちのやっているコアなところ以外は他社さんの良いところとか制度とかをすぐ真似して取り入れていくって言うのが面白いところかなーと思って。
例えば、その社員の健康を考えているっていうのをどうやって伝わるかなと考えた時に会社で“禁煙手当て”を出してみたり。「禁煙成功したら10万円だよ!」みたいに。
で、失敗したら罰金3倍返しという(笑)
僕らも元々喫煙者でやめてやっぱり調子いいので、社員にも伝えて3人くらいゲットしましたね。雷太:雰囲気は恐らく昔っからそうだと思うんですけれども、“アットホーム”やはりこう・・・なんでしょう、昔からのこう家族的な経営の流れの雰囲気が恐らく今も残っているんじゃないかなと思って。

ナレーション

ここからは、テーマにそって、
「京橋白木」の持つ長寿企業の知恵に迫る。

最初のテーマは、「創業の精神」。
創業者の想いを紐解き、現在に至るまでの経緯。
家訓や理念に込められた想いを紐解く・・・

茂雄:そもそもの創業者が1896年に20歳の時に千葉の白木村というところから5円玉1つ持って上京して起業したって言うのをずっと聞かされてて。その時からなんですけれども、やっぱり当時僕らの実家というか自宅にその住み込みで従業員の方が働いているって言うのが当たり前の状況だったので、本当に寝食一緒にしながら会社を大きくしていったっていう名残があって、そこから「社員さんは絶対に家族みたいに扱うんだよ」って言うのは聞きました。
今の経営理念の中にも“お客様と仕入れ先と社員の3つをどうやったら幸せにしていけるか”って言うことを明記してやってますね。

雷太:コミュニケーションというものに関しては非常に今力を入れてますので、その取り組みって言うのは少しずつ浸透してきているんじゃないかなと思いますけれども。経営理念って言うのは、隅々まで浸透しているって言うのはまだ言えないと思いますね。って言うのは、これが一番難しい部分だと思いますし、これに関して浸透させるのは僕らが発信し続けることとそれに伴った行動し続けることじゃないかなあと思います。

茂雄:小さいコンパクトな手帳型の“経営計画書”っていうのを作って「僕らはどうやって行くんだよ」ということを書いたものを毎週朝礼で読み合わせしているんですけれども。
最初はA4のこんな大きい企画書みたいなのを作ってみんなに発表して「こうするんだよ」といってやってたんですけれども、やっぱり大きいと一年間手帳を机の中にしまったまんまだとか、だれも見ていないみたいな(笑)と言うことがあってコンパクトなものにして。
で、さらに今まで文言にしてこなかった会社の理念はしっかり書くように、どうしていくかって言うのを(書くようにしました。)でも結局それだけだと口だけなんで、書いただけなんで、理念を達成するために何をして何をしたらあなたのお給料いくら上がるんですかって言うことを明確に書いて。あとみんなの有給の休みとか書くようにしたら、「自分のことなんだな」って言うことで、見てくれるようにしました。


~独自の研修制度~
茂雄:営業部単位だとやっぱり全国の窯元さんだとか佐賀の有田とか岐阜の美濃焼とかは営業単位、チームでは行くんですけれども、今全社として取り組んでいるのは、いわゆるビジネス研修というより心とかいうより、コミュニケーションに関する心に関するいわゆる心の研修の方を力入れてて。
昨年幹部・・・今幹部が通っているんですけれども、幹部全員で屋久島のモッチョム岳って、本当に素人が登れるような山じゃないところをみんなで登って、10時間くらいかけて役員で「わー!」みたいな(笑)泣いて帰って来たみたいな(笑)ことをやってきて。
それが結局何をしたいのかというと、どうしても会社の中にいると幹部がぎくしゃくして。まあ僕から発生したんですけれども。でも山登っても同じことするかっていうと絶対一致団結するんですよ。結構大変なんで。それを会社の持ってこれないかっていう研修をずっとやってて。それが今少しずつ会社が変わり始めてる雰囲気は出てきましたね。

雷太:登って降りてくる間、だいたい11時間くらいかかったんですけれども、その中で最初にはなかった“思いやり”だったりっていう“相手への気遣い”とかって言うのを途中から感じながらやれたっていうのが非常に良かったし、それを終えてからの方がお互いに今まではちょっと抑えていたことを素直に言ったりとか。社長だからって意見を言いにくかった部分も少し変わってきたり、っていうのはありますね。