Story~長寿企業の知恵~ 「 NEXT100 」
←前のパート
企業トップに戻る

株式会社 ヨシダ
NEXT100 ~時代を超える術~

ナレーション

最後のテーマは「NEXT100 時代を超える術」
金魚の吉田にとっての核心を吉田信行が語る。

吉田:

まず変える方ですけどね。っていうことは、今金魚の生産量が愛知県の弥富にしろ郡山にしろどんどん減っているわけですね。最盛期から比べれば半分くらい日本の金魚の生産量が止まってるわけですね。
それで中国からの輸入の金魚も、ここ1年と2ヶ月っていうのが止まってるわけなんですね。ですからこのまま行っちゃったらですね、やはり供給が間に合わない状況になっちゃいますんで。どうにかね、金魚の生産ですね、まだ弥富とか郡山にこだわらないで新潟だとか池がいっぱいあるわけですよ。鹿児島にもありますし、熊本の縄酢にもありますから。
どうにか金魚の生産を思いっきり日本の若い世代の人達に金魚を作る方向をしたいなと思いますね。変わらないというのはやっぱり丈夫な魚を販売していくってことはもちろん変わらない、そう思いますね。

~100年先の後継者へ~
そうですね、100年後の後継者にはですね、やっぱり伝統である平和な世の中が続く限りですね、やっぱり金魚を販売して行ってもらいたいと思いますし、あと売上的には金魚だけではいかないと思いますので、淡水魚+ペット、犬猫だったりそういう部門にも入って行って売上を伸ばしていって欲しい、そういう風に思いますね。

~長寿経営を行う上で必要なモノ~
人材の育成ですよね。どんな転機にあたっても臨機応変に対応できるそういう人材がいればいいんじゃないかと思いますね。

ナレーション

金魚の吉田
6代目吉田信行が次代に届ける長寿企業の知恵。

経営者が健康で丈夫な体を持つことは、必要不可欠である。
人材育成を怠らないで欲しい。どんな出来事にも臨機応変に対応できる、そういう人材を育て、そのノウハウとスキルを継承していくことが重要である。