片倉工業 株式会社
1873年(明治6年)創業

製糸業で培った精神で多角経営

1873年、製糸を祖業としてスタートした片倉工業は、シルクを通して日本の近代産業の発展に貢献。

現在、社会情勢の変化とともに、140年以上もの間に培ってきた進取の精神のもと

人々の暮らしに寄り添いつつ、豊かな社会の実現を目指して多角的に事業展開している。

代表紹介

代表取締役社長
15代目 佐野 公哉(さの きみや)

山梨県立日川高等学校、明治大学農学部を卒業後、
1977年に片倉工業へ入社。
2008年 総務部長
2010年 小売事業部長、同年執行役員小売事業部長
2011年 執行役員経理部長
2013年 常務取締役を経て
2015年 代表取締役社長に就任する。

片倉工業の歴史

1873年(明治6年)
片倉市助、長野県諏訪郡川岸村(現岡谷市)で10人取の座繰(ざぐり)製糸を開始
1920年(大正9年)
片倉組の事業を継承し、片倉製糸紡績株式会社を設立。本社を東京京橋に移す
1922年(大正11年)
東京株式取引所清算市場に上場
1924年(大正13年)
ニューヨーク出張所を開設。直輸出を本格的に開始(生糸出荷量は横浜港の25%を占める)
1939年(昭和14年)
旧官営富岡製糸場(株式会社富岡製糸所)を合併
1943年(昭和18年)
「片倉工業株式会社」に社名変更
1949年(昭和24年)
東京証券取引所第一部に上場、前後して大阪・名古屋取引所に上場
1987年(昭和62年)
富岡工場(旧官営富岡製糸場)を休止
1994年(平成6年)
最後の製糸工場熊谷工場を休止、蚕糸業121年の幕を閉じる
2005年(平成17年)
富岡工場(旧官営富岡製糸場)建物等を富岡市に寄付
2006年(平成18年)
旧官営富岡製糸場が重要文化財に指定
企業情報:
片倉工業 株式会社 / 東京都中央区明石町6-4 / 03-6832-1873
公式ホームページ:
http://www.katakura.co.jp/

片倉工業の「知恵」

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

片倉工業と世界遺産「富岡製糸場」が歩んだ歴史

1939年から2005年までの66年間
片倉工業は富岡製糸場の民間最後のオーナーを務めた。

富岡製糸場の操業が停止した後も、18年間、守り続けた片倉家。
「世界の多くの人に良質の生糸を」という強い思いを持ち、
一部の特権階級のものであったシルクを世界中の人の手に
届け続けるまでに至った片倉工業の歴史・創業の精神に迫る。

「決断」~ターニングポイント~

化学繊維の登場を乗り越えるための
第二の創業期、経営の多角化

戦後にアメリカで発明された「ナイロン」の工業化。
化学繊維の登場で、繊維事業は経営の多角化を余儀なくされる。

原点はシルクの工場とし、時代に合わせた事業への進化。
進取果敢な精神を家憲に挙げる片倉工業が如何にして
起こる危機を乗り越えて来たのか。
片倉工業のターニングポイントに迫る!!

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

自分の生き方、会社の生き方
ぶれないで貫き続ける「進取果敢」

突然の社長への指名は思ってもみないことだった。

「一つ一つ与えられる任務をこなす連続で
自分に与えられる使命を理解して勤め上げ、成果を出していくだけ」
と語る佐野氏に響いた言霊とは・・・?

「貢献」~地域、業界との絆~

広大な土地を活用して造られた施設
「コクーンシティ」

埼玉県さいたま市のさいたま新都心駅前に建つ「コクーンシティ」
地域の歴史とともに工場が歩んできた土地だからこそ
施設を通じて地域に貢献する。

広大な製糸工場の跡地に建てられた施設で行われる
片倉工場の地域とのかかわりや取り組みとは?!

「伝燈」~受け継がれる伝統~

工場ごと威信をかけてつくられた商標

日本の輸出製品の看板を示す片倉工業の商標。
時代に合わせてデザインされた商標は
デザインの歴史としても非常に興味深い。

商標に込められた想い、受け継がれる伝統とは...

「NEXT100」~時代を超える術~

「信義誠実」「親和協力」
そして「シルク」への想い

創業250年を視野に入れる時代には
創業以来掲げる二つの言葉をもって持続的な最長を続けたい。

「信義誠実」「親和協力」
その言葉に込められた想い、片倉工業のNEXT100に迫る。