森下仁丹 株式会社
1893年(明治26年)創業

「飲みやすく、携帯・保存に便利な薬を」銀粒といえば森下仁丹

銀粒の仁丹や体温計から出発し、近年では長年の生薬研究から生まれた健康食品や素材
「メディケア」ブランドの医薬品や医療機器の製造販売から、医療用ジェネリック医薬品の製造販売
さらには銀粒仁丹の製造から着想を得た液体も包むことの出来る
ビーズ状のシームレスカプセル技術のバイオ及び工業用途の開発に至るまで、幅広い分野で企業活動を行っいる
2015年には食品の機能性表示食品制度が開始され、いち早く「ヘルスエイド」シリーズを市場に投入
今後、シリーズ商品のラインナップの拡充、さらには新しい分野への取り組み強化を図り、人々の健康寿命の延伸をめざす

代表紹介

代表取締役社長
8代目 駒村 純一(こまむら じゅんいち)

慶應義塾大学卒業

1973年 三菱商事株式会社入社
1997年 同社イタリア事業投資先Miteni社代表取締役
2006年 森下仁丹株式会社代表取締役社長

大阪家庭薬協会会長、大阪府薬事審議会委員
日本健康・栄養食品協会理事、日本一般用医薬品連合会理事
健康食品産業協議会理事、日本抗加齢協会理事
慶応義塾大学理工学部同窓会関西支部長など多くの委員会に携わる

代表取締役 専務
森下 雄司(もりした ゆうじ)

甲南大学卒業

平成7年 三和銀行
平成19年 森下仁丹(現在)
平成24年 公財)森下仁丹奨学会 常務理事(現在)

2007~2012年まで、大阪青年会議所に在籍していた

森下仁丹の歴史

1893年(明治26年)
2月 森下博、森下南陽堂を大阪市東区淡路町1丁目に創業
1905年(明治38年)
2月 森下博薬房と改称し、懐中薬仁丹の販売を開始
1936年(昭和11年)
11月 森下仁丹株式会社に改組
1961年(昭和36年)
6月 東京証券取引所市場第二部および大阪証券取引所市場第二部に株式上場
2001年(平成13年)
10月 滋賀工場竣工
2008年(平成20年)
12月 本社を現在地に移転、本社工場および研究施設を大阪府枚方市津田サイエンスヒルズに移転
企業情報:
森下仁丹 株式会社 / 大阪市中央区玉造一丁目2番40号 /  06-6761-1131
公式ホームページ:
https://www.jintan.co.jp/

森下仁丹の「知恵」

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

健康の力を引き出し高める製品作り

創業から、人間が本来持つ"健康の力”を引き出し
より高めることを使命とし、社会へ貢献してきた森下仁丹

時代によって必要とされるものが変化していく中
駒村氏、森下氏が行った改革とは?

「決断」~ターニングポイント~

ボロボロの状態だった森下仁丹

"決められた方向性をただなぞるだけ"という古い体質があり
新しいことへの取り組む際も、飛び込み方を知らず
体中を真っ赤に痛めるような想いだったという

駒村氏の入社時のエピソードと共に
今後、新体制を迎える森下仁丹にとってのターニングポイントに迫る!

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

犠牲になってしまう家庭への感謝

企業という組織の中で戦う者にとって
"家族のサポート無くして戦うことは難しい"と語る駒村氏
自身の経験と共に、後継者である森下氏へ想いに迫る!

一方、森下氏は過去代表が遺した言葉が
自身の基本的な考え方になっているという

2人とっての言霊。そこに隠された物語とは?

「貢献」~地域、業界との絆~

共存共栄の意識

白黒写真の写真や過去の資料に遺る大阪の街並み
森下仁丹は、今でもそに本社を構えている

地域と共に時代の変化を見つめてきた森下仁丹の地域との絆に迫る

「NEXT100」~時代を超える術~

個性的で光る存在に

人々に必要な商品を提供していくことで
どんな時代も長く生き抜けると語る森下氏

そして、駒村氏が語る
次代へ届ける長寿企業の知恵とは⁉

写真でみる森下仁丹