株式会社 岩波書店
1913年(大正2年)創業

歴史を引き継ぎ、進化し続ける総合出版社

岩波書店は1913年岩波茂雄によって神田神保町に創業された。
児童書から学術書、電子辞書や豊富なコンテンツの電子配信も展開し
時代の要請に応える総合出版社である。

代表紹介

代表取締役
7代目 岡本 厚 (おかもと あつし)

麻布高校卒業
1977年3月 早稲田大学文学部卒業
1977年4月 株式会社岩波書店に入社
2013年5月 同会社の代表取締役社長に就任
現在に至る

岩波書店の歴史

1913年(大正2年)
古書籍販売・出版の個人商店として開業
1914年(大正3年)
夏目漱石『こゝろ』刊行
1927年(昭和2年)
「岩波文庫」創刊
1938年(昭和13年)
「岩波新書」創刊
1946年(昭和21年)
月刊総合雑誌『世界』創刊
1949年(昭和24年)
株式会社に改組
1950年(昭和25年)
「岩波少年文庫」創刊
1955年(昭和30年)
『広辞苑』(第一版)刊行
1979年(昭和54年)
「岩波ジュニア新書」創刊
2000年(平成12年)
「岩波現代文庫」創刊
企業情報:
株式会社 岩波書店 / 東京都千代田区一ツ橋2丁目5番5号 / 03-5210-4000
公式ホームページ:
https://www.iwanami.co.jp/

岩波書店の「知恵」

「創業の精神」
~家訓や理念誕生の経緯~

「低く暮らし高く思う」

岩波書店のロゴマークである「種まく人」

文化の種を蒔くことで社会をより良くさせ、人々の暮らしを豊かなものにするとの意味が込められている。

岩波書店創業当時の熱き思いに迫る。

「決断」~ターニングポイント~

言論統制による影響

戦時中、言論統制が進み、警察官から、「岩波なんて潰してしまうぞ」と言われたことも。

その中で出した岩波書店の信念ともいえる行動、決断とはいかに!

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

人間はいつか必ず死ぬ

4代目社長、安江良介氏から言われた言葉が今でも大事にしているという岡本氏。

「人間はいつか必ず死ぬ」この言葉に隠された意味は、そしてこの言魂から今でも貫いている岡本氏の姿勢とは。

「NEXT100」~時代を超える術~

時代が変わりゆく中、
書籍の本当の意味とは何なのか

時代が変わり、現代の若者はほとんど書籍を読まず、年々発行部数が低下している。

本当の書籍の必要性、意味をとは。

時代に合わせた書籍の意味を残していく岩波書店のNEXT100年とは。