Story ~長寿企業の知恵~ 「 貢献 」
←前のパート
次のパート→

株式会社 今朝
貢献 ~地域、業界との絆~

ナレーション

地域や業界との絆。

長寿企業にとって欠かせないモノ・・・それは、地域との繋がり・・・。
今朝が行っている地域貢献、藤森朗自身が行っている取り組みとは?

石田:

続いてですね、現在地域での取り組みや社会貢献活動に取り組んでらっしゃったりしますか?

藤森:

町内の、東新橋一丁目町会とあと、港区の芝地区の100年以上の企業の集まりで「芝百年会」というのができましてそちらの方は老舗の知恵を出し合って地域の活性化をしようと今始まったばっかりなのでそれに関してはこれからどうなりますかねっという感じなんですね。

朝岡:

地域の取組っていうのはやっぱりあの辺とてもお店が多いですよね。ビルとかね。だから一般の住んでらっしゃる地域と言うのとちょっとまた地域の意味が違う気がしますけど、お仕事での関わりにおいては連携の必要という…

藤森:

そうですね。住んでる方はほとんどいらっしゃらないのでビルオーナーばっかりの集まりではあるんですけれども、昔親父も色々やっていたらしいんですが、たまに役職がついたりとか会合が多すぎて大変だからって一切やめてしまって、私が引き継いだ時は「そんなのもうでなくていいよ」と言われましたけど笑。そういうわけにもいきませんし。地元の方ですと何かに使おうということにもなりますし、町中歩いてて知らんぷりもできませんし、今はもう店員さんにも覚えやすい顔ということもありますけれども、道ですれ違ったらご挨拶もしてますし。やはりそれは地元のことですし、あと震災の後ですね、特に地元で今度大きな地震があった時にどうしようってことを真剣に考えるきっかけになりましたので、良かったと思いますね。

朝岡:

これは仕事に特化したかとじゃないんですけど、藤森さんご自身が努力していらっしゃる色んな楽しみでもなんでも良いんですけど活動あります。

藤森:

たくさんございますね笑

朝岡:

笑ありそうだもんな。

藤森:

学生の時にオーケストラ部に入ってましたので、そのOBとして学生の演奏会の受付のお手伝いですとか、あるいはその相談事、運営のことですとかあるいは就職活動のお手伝いとか、海外演奏旅行についていってあげたりとかそんなことをしたりとか。あとは音楽好きだってことで蓄音機を持ってって。

朝岡:

蓄音機!?

藤森:

はい。

朝岡:

CDじゃなくて?

藤森:

はい。レコードコンサートをしたりとかですね。

朝岡:

それは地元の新橋で?

藤森:

いや、今週末は金沢でやりますし、全国頼まれれば。来月は亀戸のほうでやります。

朝岡:

そうですか。それじゃ色々趣味の方が集まってそこで実際蓄音機で。

藤森:

そうですね。

朝岡:

蓄音機ね。

石田:

DJのようなっていうことですよね。たとえば選曲されて皆さんに聞いてもらう。

藤森:

まあそういうことですけど、そんなに流暢には喋れませんので、曲の紹介と録音当時の話ですとかレコード版についてちょっとお話しながら聞いて頂くということですね。

石田:

粋ですね。

朝岡:

すき焼きも蓄音機も歴史だからね。藤森さんに合っているんですよ。藤森さんこの格好とかで蓄音機の当時の話とかしたらもう納得しますでしょ。

石田:

説得力が違いますよね。

藤森:

ありがとうございます。

石田:

そして藤森さんはお肉にも合うワインにお詳しいと伺いました。

藤森:

そうですね、洋食やっている時にソムリエと唎酒師の資格を取りましたので。いまはせっかくある資格ですし、他のお店に比べるとワインの種類はかなり置いてますので、和牛、すき焼きに特に合うワインと日本酒をご提供して私共主催でワイン会ですとか日本酒の会なんかもやっていますね。

朝岡:

ドイツにいらっしゃったから、ドイツも実はワイン大国でね、ワインというと普通フランスとかイタリアとかあるけど、ドイツのワインって非常に和食には合うって言いますよね。

藤森:

ございますですね。ドイツは甘口の白ワインが多いと思われがちなんですけど80年代後半から辛口のものが主体となってまして、和食には少し甘味が残っている方がお出汁とかお野菜にとても合いますね。

朝岡:

あとはその若い学生さんといかもっと若い世代にも色んなことをやっていると伺いましたけれど。

藤森:

墨田区立竪川中学という所に毎年職業講話会でお招き頂くので、お仕事の話、いろんな職業がありますよと話してますし、あと、私共で親子すき焼き体験ということで小中学生がちゃんとしたすき焼きを食べて頂きたいということで、あといらした時に自分だけ食べるのではなくてちゃんと親御さんに作ってあげるということもやっております。

朝岡:

なるほど。なんとなく藤森さんのライフルタイルというのが、蓄音機にしろワインにしろ親子すき焼き大会にしろ、ライフスタイルがそのままこう活動につながっている気がしますね。

藤森:

そうですね、皆仕事につながっている気がしますね。

朝岡:

そうですね。