株式会社 今朝
1880年(明治13年)創業

明治から伝わる今朝の味わい

牛鍋屋として、明治13年創業。5代にわたり130余年の歴史を刻んできたすき焼は

口どけするA五ランクの最高級黒毛和牛「松阪牛」を中心に

板前が一枚一枚包丁で薄く切り、創業以来守り続けている秘伝の割下に、吟味した食材を使用している。

代表紹介

代表取締役社長
5代目 藤森 朗(ふじもり あきら)

1982年 青山学院高等部卒、86年 青山学院大学経済学部経済学科卒
86~89年 キッコーマン・ダイトカイ・ヨーロッパ会社(ドイツ勤務)
89~90年 レストランたぬき(開店準備)(ベルギー勤務)
90年3月帰国と共に株式会社今朝入社、専務取締役就任、
90~2007年 欧州料理ビストロベルラン経営
2007年 代表取締役社長就任。

今朝の歴史

1880年(明治13年)
藤森今朝次郎が新橋ステンション(現汐留)近く芝区芝口にて創業。
1922年(大正11年)
2代目勝三郎が新橋駅前に洋食「IMAASA」を開業。「今朝商業株式会社」として会社組織に。
1938年(昭和13年)
桃山式の純日本建築に改築。最盛期を迎える。
1945年(昭和20年)
大東亜戦争に伴い延焼を防ぐために強制疎開として建物を取り壊す。
1957年(昭和32年)
不法占拠されていた今朝の土地を、法廷闘争の末に取り戻す。
1964年(昭和39年)
第一京浜沿いに鉄筋コンクリート9階建ての社屋を建て、貸しビル業を始める。
1968年(昭和43年)
元祖冷しゃぶと言われている「新涼造り」を開発。
1980年(昭和55年)
創業100年を迎える。
1981年(昭和56年)
国際観光レストラン協会に加盟。
2007年(平成19年)
藤森朗氏、五代目に就任。
企業情報:
株式会社 今朝 / 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル2階 / 03-3572-5286
公式ホームページ:
http://sukiyaki.imaasa.com/

今朝の「知恵」

Story 長寿企業の知恵(全編)

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

店は広げず、本業をコツコツと
社長自ら接客を…徹底したおもてなしの心

130年の歴史を誇る今朝のすき焼。
「続けること。守ること。伝えること。繋ぐこと」をモットーに
本物のすき焼きを今日までお客様に届けてきた。

独自のファッションセンスが光るお洒落で多才な藤森氏が継承した
今朝の創業の精神に迫る。

「決断」~ターニングポイント~

お客様のご意見・ご忠告は財産です

藤森氏のトレードマークの髭誕生は海外で武者修行していた時のこと。
お洒落のためではなく、実はコンプレックス脱却の工夫から生まれたものだった。
また、藤森氏のハイセンスなファッションはある時お客様からご意見を頂いてしまうことに!

先代より現在まで、多くのトラブルを越えて来た、今朝のターニングポイントとは?!

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

「自分本位ではなく、お客様の為に」

お店を始めて伝統ができ、評判になると
いろんなことへ事業を広げようと考える経営者は少なくない。

利他主義を貫く藤森氏の心に留めている想い、言霊とは。

「貢献」~地域、業界との絆~

ライフスタイルから繋がる活動

芝地区の創業百年を超える老舗の集まり「芝百年会」への参加、
管弦楽団のOB会の副代表として楽団の手伝いから就職活動の相談まで。
そして、蓄音機によるレコードコンサート開催で各地へ!

多才な藤森氏が行う地域貢献活動は
自身のライフスタイルと直結するものであった。

「伝燈」~受け継がれる伝統~

お店自体が「すき焼博物館」

お店に飾られている「掛け軸」、食事で使われている「お鍋」など
今朝が受け継いでいる伝統は、見て、触れることができる。

傷んだ掛け軸はなんと!?驚きの掛け軸修繕方法に迫る!!

「NEXT100」~時代を超える術~

「頂きます」という言葉とは

時代が変わっても鍋に入れる今朝の秘伝のタレは変えず
お肉、野菜への強いこだわりは変えない。

お客様や生産者への感謝、時代に合わせた商品の開発
環境作りを続けていく今朝のNEXT100とは!