株式会社 平凡社
1914年(大正3年)創業

百科事典の平凡社

「や・此れは便利だ!」というポケット事典を創業の書に、今年で103年になる出版社
現在冊子の百科事典を刊行している唯一の会社
「名前は平凡でも作るものは非凡」その言葉通り、過去の蓄積に基づき現代を映し出す温故知新の編集力で
この国の文化を「美しい本の形」に残し続けている

代表紹介

代表取締役社長
6代目 下中 美都(しもなか みと)

慶應義塾大学文学部(フランス文学)卒業後、文化出版局に入社
雑誌『ミセス』や『ハイファッション』の編集を経て
1995年平凡社に入社
2003年取締役編集局長に就任
2011年より取締役営業を担当
2014年平凡社100周年を期に社長に就任

平凡社の歴史

1914(大正3年)
下中弥三郎が自著の小事典『や、此は便利だ』の販売のため、平凡社を創立
1927(昭和2年)
『現代大衆文学全集』全60巻刊行。円本時代を築く
1931(昭和6年)
『大百科事典』全28巻刊行。名実ともに「事典の平凡社」となる
1946(昭和21年)
第二次大戦中の休業状態から再出発
1955(昭和30年)
『世界大百科事典』全32巻刊行
1963(昭和38年)
日本初の本格的グラフィック誌『太陽』創刊。『東洋文庫』創刊
1972(昭和47年)
『別冊太陽』創刊。ムックの先駆けとなる
1979(昭和54年)
『日本歴史地名大系』全50巻刊行
1988(昭和63年)
『世界大百科事典』全35巻刊行
1996(平成8年)
『荒木経惟写真全集』全20巻刊行
1999(平成11年)
『平凡社新書』創刊
2011(平成23年)
『こころ』創刊
2014(平成26年)
創業100周年
企業情報:
株式会社 平凡社 / 東京都千代田区神田神保町3-29 / 03-3230-6570(代表)
公式ホームページ:
http://www.heibonsha.co.jp/

平凡社の「知恵」

Story 長寿企業の知恵(全編)

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

俗に流れることなく、スタンダードに平凡に

創業者の下中弥三郎は貧しく学校へ行けなくとも、
隣のお医者さんから貰った百科事典という教科書があった。
そこから始まる「百科事典を作りたい」という夢、そして平凡社の歴史の歩み。

先代の精神はいかに現在の美都氏へ引き継がれているのか!?

「決断」~ターニングポイント~

逆境に課題を作る!

満を持して出版した本も、休刊に追い込まれる時がある。
健康に生きていても、突然大きな病気にかかってしまう時もあった。

逆境に合うと高い目標を立て、新たな志を持ち壁を越えていく
パワーあふれる美都氏のターニングポイントに迫る!

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

自分の頭で考えて 自分の言葉ではなせ

平凡社の文化的イメージを地固めした第二の創業者とも呼べる
二代目の下中邦彦氏。
彼の背中に学ぶことは多かったという。

美都氏の考え方に刻まれた、言魂とは。

「NEXT100」~時代を超える術~

心に一番ゆっくり届く言葉を編集した紙の本を

紙の本にこだわるのは、理由がある。
電子書籍に移りゆく中、残るもの、残すものだからこそ知恵の伝承は書籍がいい。

人を育てるのは、本より良いものはこの世の中にないと語る美都氏に
NEXT100年を聞く!