株式会社 はし藤本店
1910年(明治43年)創業

プロの料理人に選ばれる箸

フロンティア精神を掲げて上京してきた初代当主の「藤次郎」が商売を始めて107年。
食事用の道具を取り扱って100年を越した会社の原点は、
吉野杉の樽酒で出来た端材を利用して作った杉割り箸。
自然と共生する日本文化を発信している箸の専門店。

代表紹介

代表取締役社長
4代目 上中 康成(うえなか やすなり)

法政大学第二高校を経て、法政大学経営学部卒業。
その後、はし藤本店 営業部に所属。
次いで取締役、専務取締役を歴任して
2016年8月に代表取締役社長に就任。

はし藤本店の歴史

1910年(明治43年)
上中藤次郎によって創業。浅草千束町にて、近辺の料亭を中心に「吉野杉割箸」の販売を開始
1922年(大正11年)
前会長 上中辰五郎に継ぐ
1955年(昭和30年)
有限会社はし藤を設立
1963年(昭和38年)
有限会社改め株式会社とする
1977年(昭和52年)
空港開港を間近に控えた成田にて、成田店を開業
1982年(昭和57年)
3代目上中稔男継承。拡大する外食産業を中心に商売を拡大
1991年(平成3年)
葛飾配送センターを新設
1996年(平成8年)
台東区元浅草4丁目から「かっぱ橋道具街」の中心にあたる西浅草2丁目に本社を移転
2016年(平成28年)
4代目上中康成継承
企業情報:
株式会社 はし藤本店 / 東京都台東区西浅草2丁目6−2 / 03-3844-0723
公式ホームページ:
http://www.hashitou.co.jp/

はし藤本店の「知恵」

「創業の精神」
~家訓や理念誕生の経緯~

紆余曲折あった道のりで受け継がれた商品
そしてフロンティア精神

人と人は違う。「違うこと」を認めて人と付き合っていく。
価値観は人それぞれであり、それを認めた中の世界は
様々な意見を受けてどんどん大きく変わっていく。

「家訓」は存在せずとも引き継がれてきた精神。
その想いに迫る。。

「決断」~ターニングポイント~

日本に大きな災害が起きたとき
会社は日本のためにどんな力になれるのか

先代は、関東大震災、昭和恐慌、太平洋戦争と激動の時代を越えてきた。
家族中心の会社は家族中心で困難に立ち向かう。

いざ自身に起きた「東日本大震災」というターニングポイント。
飲食店など商売ができる状況ではない中、
当然次々と注文は来なくなった・・・

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

「お前は日本一の箸屋になるんだよ」

今でも心に残る祖父の言葉。
心に響く印象的な言葉を書き留めているノート。
リセットするための秘密の場所。

厳しい出来事を糧とし、成長し、前を向く。
自分を整えるため、上中氏が影響を受ける言葉、言魂とは?

「貢献」~地域、業界との絆~

東京でモノづくりをする町工場の人々が
集まって開催される「下町サミット」

東京にはたくさんの町工場がある。
はし籐が住む町台東区にもたくさんの町工場があり
互いの情報交換のため開催される「下町サミット」の参加企業は
ついに200社にのぼった。

地域を盛り上げ、会社も盛り上げる。
そんなはし籐の地域との交流とは?

「NEXT100」~時代を超える術~

日本人として伝統産業であるお箸を
世界へ広めていきたい

日本人だからこそ、お箸を上手に使ってほしい。
はし籐の活動は小学校での「箸の使い方の授業」まで広がっている。

東京オリンピックを控え、多くの海外の方との交流が予想される今後
はし籐が迎えるNEXT100年に迫る!