社会福祉法人 至誠学舎立川
1912年(明治45年)創業

東京都立川市に本部を持ち幅広い社会福祉事業を展開

創設者 稲永久一郎翁が二人の少年を引き取り、養育指導にあたったことで始業。
「少年の過ちは、その環境による」という信念のもと、深い愛情をもって少年保護へと尽力し、今日の事業の中心となっている。
少年への愛情と教育活動から導かれた「誠の心」を理念に
児童養護施設、保育園、障がい者福祉施設、高齢者介護福祉施設・サービス等を経営している。

代表紹介

理事長
8代目 橋本 正明(はしもと まさあき)

駒場東邦高校、明治学院大学社会福祉学科卒業後
フィンランドユヴァスキュッラ大学へ。

その後、財団法人榛名荘病院、
立教大学コミュニティ福祉学部の教授を経て
社会福祉法人 至誠学舎立川(高齢者施設至誠ホーム長等)
同法人理事長に就任する。

至誠学舎立川の歴史

1912年(明治45年)
稲永久一郎が東京神田岩本町において、当時恵まれなかった少年の訓育をはじめる。
1925年(大正14年)
少年法の制定により少年保護団体の認可をうける。団体名を「至誠学舎」と命名
1942年(昭和17年)
財団法人の設立認可を受け、稲永久一郎初代理事長に就任。
1951年(昭和26年)
立川市に養老施設「至誠老人ホーム」を開設し、高齢者福祉事業開始。
1952年(昭和27年)
社会福祉事業法の制定に伴い財団法人を社会福祉法人に組織変更。
1975年(昭和50年)
保谷市に特別養護老人ホーム「緑寿園」及び、わが国初の「地域ケアセンター」を開設
1982年(昭和57年)
阿観心第三代理事長が「東京都名誉都民」受賞。
1998年(平成10年)
両法人を統括する「至誠学舎福祉振興会」を設立。法人の名称を「至誠学舎立川」に変更。
2002年(平成14年)
法人90周年記念式典を挙行。「至誠学舎の90年~新たな飛躍をめざして」刊行。
2012年(平成24年)
法人創設100周年記念式典を挙行。
企業情報:
社会福祉法人 至誠学舎立川 / 東京都立川市錦町6-28-15 /  042-527-7734
公式ホームページ:
http://gakusha.org/

至誠学舎立川の「知恵」

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

まことの心のはたらきは、人の心をうごかし天に通ず

創業者である稲永氏は30歳の頃
偶然子供が悪い大人によって犯罪に手を染めるところを目撃した。

「生きる術を持たない子供の環境は、犯罪の道へと行かせてしまう・・・」

この想いから生まれた、至誠学舎の歴史、創業の精神とは?

「決断」~ターニングポイント~

分担して“時代の要望・要請・期待”に応える事業を

創業者の突然の死。
非常に強いリーダーシップを取っていた稲永氏を
失った代償はとても大きかった。

残されたのは娘4人。
彼女たちはいかにしてこの困難を乗り越えたのか?
至誠学舎の、そして8代目橋本氏のターニングポイントに迫る!

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

おかげさまにて日を暮らす
これが至誠の心にて、至誠の精神、仏なり

トップに立つ者は常に判断が重要になる。
「大切なのは冷静な状況把握と直感」だと語る8代目橋本氏。

至誠学舎には、
一人一人の幸せな生活を作る基盤となるための言霊があった・・・

「貢献」~地域、業界との絆~

人間として学んでいける、とってもいい仕事

昔地域のボランティアで携わってくれた方が
後に施設の利用者へ・・・

法人にとって常に事業活動の基盤となってきた
地域との関わりの中で、至誠学舎が行う取り組み、
そこに隠された想いとは?

「NEXT100」~時代を超える術~

心の中に大事なものを作っていく「学び舎」

社会福祉事業は、変わり続ける社会状況の中にいる。

地域と共に、社会からの期待を担う仕事を続ける
至誠学舎のNEXT100に迫る!