株式会社 船橋屋
1805年(文化2年)創業

くず餅一筋二百十年。江戸から伝わる元祖発酵和菓子「くず餅」の老舗。

1805年(江戸文化2年)創業以来、真っ直ぐにくず餅の磨き込みを重ね、
職人の手から店頭を通じお客様の手元まで、
一貫したこだわりとおもてなしの心を大切に、商品を提供。
くず餅の創造的継承を通じ、心豊かな社会の実現を目指している。

代表紹介

代表取締役
8代目 渡辺 雅司

立教大学卒業後、大手都市銀行に入社。
1993年に家業である(株)船橋屋に入社。
2008年8月に八代目当主として、代表取締役社長に就任。

船橋屋の歴史

1805年(文化2年)
初代勘助 亀戸天神参道に創業
出身地の地名をとり、屋号を「船橋屋」とする。以降五代目まで個人経営
1952年(昭和27年)10月
有限会社 船橋屋設立
1953年(昭和28年)4月
亀戸天神前本店完成(戦後復興)
1968年(昭和43年)6月
株式会社へ改組
1979年(昭和54年)5月
岐阜県羽島市に澱粉発酵精製所完成
1987年(昭和62年)8月
販売部門を分離 船橋屋販売株式会社設立
1993年(平成5年)3月
本社新館ビル完成
2003年(平成15年)1月
国際標準化機構(ISO9001:2000認証取得)
企業情報(亀戸天神前本店):
株式会社 船橋屋 / 東京都江東区亀戸3-2-14 / 03-3681-2784
公式ホームページ:
http://www.funabashiya.co.jp/

船橋屋の「知恵」

Story 長寿企業の知恵(全編)

「創業の精神」
~家訓や理念誕生の経緯~

くず餅ひと筋 真っすぐに

1805年、近江商人の“三方良し“の精神の基、地域に貢献することを掲げた船橋屋が創業。
先代から受け継がれた家訓、「売るよりも作れ」を守り、現在も消費社会に流されず、売上の向上よりも、あくまでも食べていただくお客様の健康や幸せを祈ってくず餅造りに励んでいる。

売上を膨らませるための保存料や真空パックを使わない客へのこだわり、渡辺社長が口にした「刹那の口福」、その意味とは・・・

「決断」~ターニングポイント~

夜、鏡を見たら血まみれの自分が見えた

創業から200年以上が経過する船橋屋。もちろん、良いときばかりではない。
ひとつもの岐路は1945年の東京大空襲。そのとき船橋屋は・・・

また、かつて経営理念とは相反する「経営の目的は利益を出すこと」だと思っていた渡辺社長。
ベクトルが違う社員が異物に見え、社員も「バカ社長だ!」と思っていた。
相容れぬ意見の相違・・・はたして、どう解消に導くのか・・・?

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

吉川栄治に影響を受けた2つの言魂

「船橋屋」という字を書いたのは文豪:吉川栄治。
その吉川栄治の言葉に渡辺社長は影響を受けた。
1つは「我以外皆我師也」。そして、もう一つは」登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さはその山頂にはなく、、かえって逆境の、山の中腹にある。」
この2つが渡辺社長にもたらした魂とは?そして、その魂をどう体現しているのはか?

「NEXT100」~時代を超える術~

次なる夢は「プロバイオティクス企業」

大学病院と研究で発見された、くず餅に入っている、人の免疫力を高める新種の菌。
これを「くず餅乳酸菌と名付けて、商標登録も行っている。

人のために何ができるのか?それを考えた渡辺社長の夢は、食すだけでない、くず餅に隠された人のためにできること。

NEXT100年では、くず餅に新たな活躍の場を見出す。