アース製薬 株式会社
1892年(明治25年)創業

命と暮らしに寄り添い、地球との共存を実現する

衛生環境や安心・安全に対する意識など、ライフスタイルが大きく変革する中、
いつの時代も暮らしの中に溶け込み、暮らしを支え続け100年以上。
これからも世界中のより多くの人々の生活にとって、なくてはならない存在として、お客様と共に、社会と共に。

代表紹介

代表取締役
6代目 川端 克宜 (かわばた かつのり)

1994年 近畿大学 卒業、同年 アース製薬株式会社に入社
2011年 役員待遇大阪支店長
2013年 取締役ガーデニング戦略本部長を経て
2014年3月 アース製薬株式会社 代表取締役社長に就任
現在に至る

アース製薬の歴史

1892年(明治25年)
木村秀蔵が大阪(難波)で創業
1929年(昭和4年)
家庭用殺虫剤「アース」発売
1964年(昭和39年)
アース製薬株式会社に社名変更
1973年(昭和48年)
「ごきぶりホイホイ」発売
1987年(昭和62年)
「モンダミン」発売
1938年(昭和13年)
大塚グループ資本参加
1989年(平成元年)
東京本部および国際部を設置
1991年(平成3年)
本社を東京に移転
2006年(平成18年)
東京証券取引所市場第一部銘柄指定
2009年(平成21年)
環境マネジメントシステム『エコアクション21』認証・登録
企業情報:
アース製薬 株式会社 / 東京都千代田区神田司町二丁目12番地1 / 03-5207-7451(代表)
公式ホームページ:
http://www.earth-chem.co.jp/

アース製薬の「知恵」

Story 長寿企業の知恵(全編)

「創業の精神」
~家訓や理念誕生の経緯~

「地球全員にアースの商品を届けたい」

殺虫剤が国内のシェア50%を占め、歴代数々のヒット商品を生み出してきたアース製薬。創業当時から商品を消費者の手に取ってもらうため、アース製薬だからできる独自の戦略があった。

世界を視野にチャレンジを続ける川端氏の熱き思いに迫る。

「決断」~ターニングポイント~

今がターニングポイント

ヒット商品が生まれた時がすべてターニングポイントなのかもしれない。しかし、お客様の変化、購買の変化が非常に激しい現代がもしかすると…

「お客さまのライフスタイルの変化を常に意識していなければ…」と語る川端氏自身のターニングポイントとは。

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

言葉は行動に変わる

困難が起きた時、諦めずにやり続けるその意識はとても難しい。それでもお客さまをベースにした時に「継続すること」は必要不可欠だ。

先代より口癖のように言われ続けてきた言葉とは。また、自身も大切にしている言葉とは。そしてその言魂とは。

「NEXT100」~時代を超える術~

お客さまの変化やニーズを敏感に

今まで色々な商品がでてきているように、100年後に何がアース製薬に起こるかは未知数であるという。

ただし時代が機械化しても、その機械を扱うのは人。人と人のコミュニケーションを重んじるアース製薬の大切にし続けるものと変化していくもの、NEXT100年とは。