株式会社 土橋園
1892年(明治25年)創業

人々の「心身の健康美」を考え、ゆとりある生活をサポート

赤坂・一ツ木通りに創業以来、赤坂銘茶として今日までお茶一筋を歩んできた。
国内の先駆けとして給茶機の取り扱いを始め、働く人々が手軽に楽しめる日本茶を提供することが可能に。
お茶の持つ日本の伝統、あまり知られていないお茶の効能による健康を
そして日本茶の楽しみ方の提案を通じ、今後も豊かなお茶文化の創造を提唱し続ける。

代表紹介

代表取締役 社長
5代目 土橋 武雄(どばし たけお)

立教高校、立教大学経済学部卒業後
1967年 土橋園入社
2000年 土橋武雄、5代目社長に就任。

立教大学馬術部の総監督を務めるなど
OBとして精力的な活動を行っている。

土橋園の歴史

1892年(明治25年)
初代土橋鐵五郎 赤坂一ツ木通り(現在地)にて茶専門店を開業。
大正末期
第二代鉄五郎が大八車にて、丸の内・大手町の会社に外販を開始。
1923年(大正12年)
関東大震災にて店舗全焼失するも再建。震災の教訓から袋詰販売が登場。
1945年(昭和20年)
東京大空襲により店舗焼失。
1948年(昭和23年)
復興
1950年(昭和25年)
株式会社に改組
1967年(昭和42年)
給茶機メーカーと共同開発。給茶機普及の為、リース契約開始と専用茶葉を開発。
1969年(昭和44年)
現本社ビル完成三越・日本橋本店にて日本で初めて荒茶の試飲販売を行い、好評を博す。
1970年(昭和45年)
給茶機用粉末茶を開発、抹茶入りによる旨味を追求、以後粉末茶の種類を増加、法人使用から個人使用に拡大。
2006年(平成18年)
TBSテレビ「きょう発!」にてテレビショッピングに参加。
2012年(平成24年)
創業120周年を機に、全国紙にて自社通販を開始
企業情報:
株式会社 土橋園 / 東京都港区赤坂3丁目17番8号 /  03-3582-3788
公式ホームページ:
http://www.dobashi-en.co.jp/

土橋園の「知恵」

Story 長寿企業の知恵(全編)

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

女性の「お茶汲み社員」解放に一役買った自動給茶機

赤坂一ツ木通りで創業して120年余。
こだわりの茶葉を提供しながら、「土橋園のお茶」を多くの人に味わってもらいたいという思いから、
現在は、自動給茶機のリースにも力を注いでいる。
きっかけは「女性のお茶くみ社員の問題を解決したい」という想いから始だった。
「あんなものが…」という同業者の声を背に
改進を繰り広げる土橋園の創業の精神に迫る!

「決断」~ターニングポイント~

震災後に訪れた風評被害

東日本大震災発生時には、取引先に提供した自動給茶機が倒れ、茶葉に対する不信感も募っていた。

そんな、風評被害を、
土橋園はいかにして乗り越え、現在に至るのか⁉

当時の想い、決断の裏に隠された物語に迫る。

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

「商いは飽きない、飽きてはいけない」

人と人との繋がりが重要となる商いにとって
常に新しいものを提案していくこと、
そして、「土橋園って面白い」と思ってもらえることは
不可欠と語る5代目土橋氏。

その想いは、先代より語り継がれた言魂からくるものであった…

「貢献」~地域、業界との絆~

赤坂の賑わいをもう一度

かつて、山の手商店街の一つであった赤坂の一ツ木通り。
変貌著しい現代にあって、「安心・安全な街にしたい」
と5代目土橋氏は語る。

そんな土橋園が行う地域への貢献活動とは?

「NEXT100年」~時代を超える術~

「一所懸命」と「現状打破」

お茶は「料理に合うもの」「団欒の時に合うもの」「ゆったりしたい時に合うもの」
…とTPOに合わせてたくさんの展開が期待できる。

土橋園にとって、100年先も変わらない「核」となるもの、
そして、5代目土橋氏が次代へ届ける長寿企業の知恵とは?