株式会社 ダイヤモンド社
1913年(大正2年)創業

常に読者と向き合い、独自のコンテンツを提供し、
経済社会の発展に貢献すること

大正2年、初代・石山賢吉氏が「週刊ダイヤモンド」を創刊。
同時に「経済雑誌ダイヤモンド社」として創業。
ジャーナリズムの精神と読者に愛されるコンテンツのバランスの中で
ダイヤモンド社独自のコンテンツを提供し続けている。

代表紹介

代表取締役
15代目 石田 哲哉 (いしだ てつや)

1961年東京生まれ
上智大学文学部英米文学科卒業
1986年 ダイヤモンド社入社

<ダイヤモンド社内経歴>
ダイヤモンド・ハーバード・ビシネス編集部編集長
週刊ダイヤモンド編集部副編集長
書籍編集局第二編集部編集長
総合企画室室長
取締役雑誌局長
2016年4月 代表取締役社長に就任

ダイヤモンド社の歴史

1913年(大正2年)
石山賢吉が『ダイヤモンド』誌(月刊)を創刊
1933年(昭和8年)
株式会社組織とし、商号を株式会社経済雑誌ダイヤモンド社に変更
1945年(昭和20年)
「ダイヤモンド」誌を復刊
1971年(昭和46年)
商号を株式会社ダイヤモンド社に変更
1976年(昭和51年)
米「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌との提携により「ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス」誌を創刊
2003年(平成15年)
『ダイヤモンド経済小説大賞』創設
2007年(平成19年)
「ダイヤモンド経済小説大賞」を改め、「城山三郎経済小説大賞」として再スタート
2009年(平成21年)
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
岩崎夏海・著(通称「もしドラ」)を刊行
「もしドラ」は10年の流行語大賞にもノミネート、11年にはテレビアニメ(NHK)、映画化もされ、
270万部を超える空前のヒット作品となる
企業情報:
株式会社 ダイヤモンド社 / 東京都渋谷区神宮前6-12-17 ダイヤモンドビル / 03-5778-7200
公式ホームページ:
https://www.diamond.co.jp/

ダイヤモンド社の「知恵」

Story 長寿企業の知恵(全編)

「創業の精神」
~家訓や理念誕生の経緯~

算盤の二字を以て尽きる

創業者、石山賢吉は、創業の辞として、「本誌の主義は算盤の二字を以て尽きます。本誌は是とするも非とするも、全て算盤により、算盤を離れて何も無い。」と発言。つまり数字ですべてを実証していく記事を本質としている。


さらに果敢に大手企業にも向かっていく「小さくても光る」という2つを経営理念をかかげ、現在まで経済に特化した雑誌として、継続してきた。


現・代表、石田氏は当時のことを語る。

「決断」~ターニングポイント~

ゼロからの再出発

1945年、東京大空襲。焼け野原になった東京で、呆然と眺める先には社屋は既になかった。


秋田に機材を送り、社員と新しい地で作業を始めようとした創業者、石山賢吉。しかし、彼は東京に残ることを決意する…。

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

事実が一番、重い

ジャーナリストとしは、当たり前の話だと語りながらも、石田氏は、4代目社長にかけられた「事実が一番、重い」という言葉の裏にある真意を語る。


事実とは何か…先代の経営理念を振り返り、石田氏が出す答えとは…。

「NEXT100」~時代を超える術~

特別な技術や特許に守られた会社ではない

この先の100年においても”変えないこと”


変えない信念を語りながら、何よりも大切なことは読者と向き合う作業を丁寧に辛抱強くやっていくことに尽きると話す。