有限会社 日本橋弁松総本店
嘉永3年(1850年)創業

味へのこだわりと入れ物へのこだわり
狙いは”万人不受け”

嘉永3年(1850年)創業、日本最古の弁当屋、「日本橋弁松総本店」
昔ながらの”甘辛の濃ゆい味”、万人に受けなくても熱狂的なファンがいればいい。
味にこだわるからこそ、入れ物である折箱にもこだわる。
貫き通すのその”こだわり”が弁松の証。

代表紹介

代表取締役
第8代 樋口 純一(ひぐち じゅんいち)

日本大学豊山高校 卒業
日本大学 法学部 卒業
新潟県長岡市栃尾にある料亭「恵比仁」勤務
1997年弁松総本店入社

日本橋弁松総本店の歴史

文化7年(1810年)
「弁松」の前身、初代当主による御食事処「樋口屋」の開業
嘉永3年(1850年)
「弁松」創業
昭和23年(1948年)
「有限会社日本橋弁松総本店」設立 折詰弁当製造販売
企業情報:
有限会社 日本橋弁松総本店 / 東京都中央区日本橋室町1-10-7 / 03-3279-2361
公式ホームページ:
http://www.benmatsu.com/

日本橋弁松総本店の「知恵」

Story 長寿企業の知恵(全編)

「創業の精神」~家訓や理念誕生の経緯~

弁当屋の松次郎

”味”こそが家訓。弁松代表樋口氏はそう語る。

現在の「弁松」の由来となった、三代目「弁当屋の松次郎」。160年に渡って、継承されてきた家訓は”味”そのものだった。

「決断」~ターニングポイント~

繰り返された”リセット”

160年を遡れば、多くの出来事が日本を襲っておる。その中でも「弁松」を襲った2つの出来事・・・

関東大震災と東京大空襲である。

どちらの被害も甚大で、店舗は焼けてしまった。二度にわたるリセットを乗り越えた「弁松」。そこに秘められたエピソードとは?

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

弁当屋という仕事はなくならない

現「弁松』当主が、先代からかけられた言葉。「弁当屋という仕事はなくならない」

弁松総本店を継承するかしないか、樋口氏が選択に迫られたとき、先代にかけられた言葉は、いまもなお彼の心に残っている。

先代の樋口氏にかけた言葉の真意とは・・・?

「貢献」~地域、業界との絆~

歴史があちこちに埋もれている

長きにわたり愛されてきたのは、弁当の味だけではない。「弁松」が日本橋にできることは何か?

「地域に感謝を」と語る日本橋弁松総本店代表が地域のために行っていることとは。

「NEXT100」~時代を超える術~

100年続けるための"万人不受"

これまでの100年があったのは、「味にこだわり、味を変えない。」から。次の100年も「味にこだわり、味を変えな」ければ、良い。

万人受けするものを作るのではなく、万人に受けずとも熱狂的なファンをつくる。それができれば、表現は自由。

NEXT100には必要なものは、もうわかっている。