AGC旭硝子
1890年(明治23年)創業

独自の素材・ソリューションで、
いつもどこかで世界中の人々の暮らしを支えます

幾多の困難を乗り越え、設立の2年後に、日本で初めて板ガラスの工業生産に成功。
さらにガラス原料であるソーダ灰や、溶解窯の材料である耐火煉瓦の自給を決意し、それぞれ事業化。
技術革新の歴史と多種多様な製品をおよそ世界30の国や地域で幅広い産業のお客様と展開。
そこで培った世界トップレベルの技術とノウハウを強みに、製品およびサービスを提供している。

代表紹介

代表取締役
18代目 島村 琢哉 (しまむら たくや)

1956年 神奈川県生まれ
1975年 神奈川県立鎌倉高校卒業
1980年 慶應義塾大学経済学部卒業 同年 AGC旭硝子入社
2003年 アサヒマスケミカル株式会社社長
2010年 執行役員化学品カンパニープレジデント
2013年 常務執行役員電子カンパニープレジデント
2015年 取締役兼社長執行役員CEO

AGC旭硝子の歴史

1907年(明治40年)
「旭硝子」兵庫県尼崎市に創立
1914年(大正3年)
英国向けに初めて板ガラスを輸出
1917年(大正6年)
本社を東京に移転
1957年(昭和32年)
創立50周年を記念し旭硝子奨学会を設立
1991年(平成3年)
環境に貢献した個人・団体を顕彰する「ブループラネット賞」を創設
2010年(平成22年)
世界最大のフロート工場がロシアで稼働開始
2015年(平成27年)
経営方針「AGC plus」がスタート
企業情報:
AGC旭硝子 / 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 / 03-3218-5741(代表)
公式ホームページ:
http://www.agc.com/

AGC旭硝子の「知恵」

Story 長寿企業の知恵(全編)

「創業の精神」
~家訓や理念誕生の経緯~

「易きになじまず、難きにつく」

創業者の岩崎俊彌が24歳のときに作ったこの社訓を大事にしているという島村氏。

板ガラスの製造に多くの会社が失敗していくのを横目に、110年、18代と続くAGC硝子独自のチャレンジとは。

「決断」~ターニングポイント~

救済から変化した会社の事業領域

1980年代初期、ヨーロッパの板ガラスの会社を経済的に救済するため買収を行ったAGC硝子。世界への発進はそこから始まった。

世界一の板ガラス・自動車ガラスメーカー昇りつめたAGC硝子のターニングポイントに迫る!

「言魂」~心に刻む言葉と想い~

偉大な教師は人の心に灯をともす

心に響く言葉、自身の表現の引き出しのために書き留めている言葉をノートに集めているという島村氏。

言葉集めは「過去の経験や知識を自分の知恵に変えて将来に活かすため」だった。

島村氏の行動を変化させた言魂とは…

「貢献」~地域、業界との絆~

企業が継続して成長していくために…

会社が成長していくために、どの様に社会に貢献していくのか。環境を考え、業界同士のコミュニケーションで高め合う技術。

島村氏、自らも「地域」のために行っていることとは。

「NEXT100」~時代を超える術~

長期的な視野を持ち、聖域なく変化に取り組み
創業の精神を忘れない

AGC硝子は安心・安全・快適な生活のためこれまで様々な挑戦をしてきた。

そしてこれからもガラスという、これからもなくてはならないものをつくり続けるAGC硝子のNEXT100年とは。