Story ~長寿企業の知恵~ 「 創業の精神 」
次のパート→

花嫁わた 株式会社
オープニング・創業の精神 ~家訓や理念誕生の経緯~

ナレーション

今回のゲストは、花嫁わた株式会社
6代目代表 吉村祐介

創業は1881年(明治14年)
製棉業として、明治に創業した花嫁わたが大きな成長を遂げたのは
東京大空襲の影響で布団の原料となる玉綿の需要が上がり、
大きく売り上げを伸ばした。

そして高度経済成長の時代に、婦人会を中心とした販売網を構築
高い収益率のもと規模を広げた。

その後時代は変遷し布団の価格は下落、4代目吉村光正(みつまさ)の時代には、
会社整理を余儀なくされる。

後に花嫁わたの代表となる吉村信一郎(しんいちろう)がお客様宅に
「多くの捨てられない布団」が眠っていること、
「本当はその眠っている布団を蘇らせたい」という
ニーズがあることを知り、会社整理後、のれんを引き継ぎ
平成2年に新生花嫁わたを立ち上げた。

綿布団打ち直しだけではなく
羊毛・羽毛布団リフォーム、布団丸洗いと範囲を広げ
「モノが甦る」という喜びと、そこから生まれる思い出をお客様に提供し続けている

今回は、そんな花嫁わたの6代目、吉村祐介の言葉から
次代へ継承すべき花嫁わたの持つ長寿企業の知恵を、紐解いていく。

吉村:

弊社はですね、布団を販売するのではなくて、布団をお預かりしてそのお布団を新品同様に蘇らせるというサービスを提供させていただいております。
それによってですね、普通のいわゆる物を買っただけでは、買ってただのモノじゃないですか。でもやっぱり今まで使っていた愛着のあるものが壊れたり使えなくなってしまって、それを蘇って来た時に、「あ!あれがこんなに蘇って帰って来たんだ」って言う喜びを提供するっていう仕事をしております。

創業が明治14年になりまして、今年でちょうど138年目になるんですけれども、その時代は当初は布団の販売を行ってたんですけれども、その傍らですね、「今ある古くなってしまった布団を使いたい」「またきれいにして使いたい」というお客様がたくさんいらっしゃったので、その声にこたえるために平成2年から今の業態で行っています。

昔は布団って非常に高価なものだったんですよね。質(質屋)に入れることもできるくらい本当に高価なもので。昔例えば若い男女が結婚した時に花嫁さんに嫁入り道具としてお父さんが布団を持たせるんですよね。家内安全で、ぐっすり眠れるように。で、いざっていう時には布団を売って財産にできるようにって。そういう想いがありまして、その時代の名残りで社名を「花嫁わた」という会社にしました。


~モノを直す仕事~
まず弊社の一番の強みは、モノを直すという仕事をやっていることですね。普通の製品の販売では得られない、そこに“直ってくるという喜びの価値を提供していくこと”です。
その際に、この会社に本当に私の大切にしていた物を預けて大丈夫なのか、という声があるんですね。
そういったものに対応できるようにするために、コールセンターを設けております。お客様の悩みを一つ一つ真摯に受け止めて、それに対して「こういったことをやるので大丈夫です安心してくださいって言う部分を隠さないでご案内できるようにしています。
それともう一つは、弊社の場合モノを預かるという、普通の物販ではないシステムが必要になってきますので、そういったものにも柔軟に対応できるように、自社システムを構築しておりまして、さらにその中で預かった布団の管理ですとかそういったものもしっかり行いながら常にお客様に安心を提供できるような仕組みを常に開発しているのが強みですね。


~布団を蘇らせる術~
まず布団をお預かりするところから始めるんですけれども、お預かりしたお布団が工場に届きましたらですね、まずカルテを用意して個別にお客様のお布団を管理をするために準備をします。 そしてその後実際預かったお布団の生地を裂いて、中の綿ですとか羽毛ですとかそういったものを洗浄します。そのうえで新しく新たな羽毛や綿を混ぜ合わせて、また成形して新しい生地に詰めなおすんですね。
ですからわかりやすく言うと、お客様のお布団を原料にして一枚一枚お布団を作り直しているということですね。なおかつ他の会社の者と混ざらないように一枚一枚ずつやらないといけないんで、そういう意味でいうと製品を作るよりも実は手間がかかる形での仕事となっております。
例えば綿ですと、例えば綿の状態を見て「こういう洗浄をしよう、こういう足し綿をしよう」というのは職人が判断しておりますし、あるいは羽毛の場合だとちょっと職人とは違って、羽毛の洗浄はどちらかというと機械でやるんですけれども、ただそこの根底にあるのは一枚一枚混ざらない作業をやっていくという、手間のかかる仕事をしっかり間違いなくやっていただける作業員、作り手さんたちがそこにいるということなんですね。


~モノを直すという文化~
できることなら直して使いたいって誰もが思っているはずなんですよね。ただ、実際に今は直して使うよりも買っちゃったほうが安かったり、早かったり。あるいは、直せるって事実を知っていたとしても、直したいなと思っても治せる場所を知らなかったり。
そういうその世の中で「買う」っていう選択肢しかないっていうふうにみんな最初から思っているからそうなるんじゃないかと思うんですよね。
実際直せますよと。じゃあその直せる・・・治せるのはいいけど、じゃあ価格は?っていったらその製品を買うよりも同じくらいか、あるいはその製品を買うよりももしかしたら安いってなった場合、「だったら直して使おう」っていうふうにっていう方は間違いなくいらっしゃると思うんですよね。
というのがやっぱり長年使っていくうちに、買った時の価格ですとか、そのものを手に入れた経緯によってだんだんそれに対して愛着が湧いてくるケースというのもあるんで、やっぱりその愛着っていうものを、そのまま・・・なんていうんですかね、捨てて新しいの買えばいいって人はそんな多くはないと思う。
海外の場合ですね、例えば今出てきた羽毛布団とか原料的なもので言うと一番優れているのはドイツっていわれてるんですけど、実はそういう世界で羽毛を使い捨ての文化なのかっていうと、実はそうではなくて。お客さんが使わなくなった布団を集めて、それをまたごちゃ混ぜにして、混ぜて洗ってそれをまた綺麗に再生して、またそこから布団を作るっていう文化自体はあるんですね。
海外の方っていうのは清潔で機能的に問題がなければ、別にそれが中古の素材であっても構わないよっていうのはもしかしたらあるのかもしれないですね。ただ、布団に対して「誰かが使ってたものは嫌だな。自分が使っていたものが自分に戻って来てほしい」って思われるのはやっぱり日本独特のものなのかもしれないですね。

ナレーション

ここからは、テーマにそって、「花嫁わた」の持つ長寿企業の知恵に迫る。

最初のテーマは、「創業の精神」
創業者の想いを紐解き、家訓や理念に込められた想いに迫る

吉村:

新たな布団のリフォームという分野を切り開くために、本当に目の前にある仕事をただこなすと、いうことで将来を見据えた理念というのは考えている余裕がなく、自分も自分の代に変わってから同じような状態でやっていたんですけれども。
その中で経営に精通した方とお話しする機会がありまして、その時に「あなたの会社の理念はなんですか」って問われた時に何も答えられなかったんですよね。で、「会社をどうしたいんですか」と聞かれた時にとにかく「今あるこの仕事をみんなのために長く続けていきたい、それだけが望みなんですよね」って話をしたら、「いいじゃないですか」と言われたんですよ。「それがあなたの思っている企業理念でいいじゃないですか」って言われた時に、すごい胸が・・・なんていうんですか、(胸に)つかえていた重しが取れて、じゃあその想いをもう少し具体的に数字やどういう企業でいたいのかとかそういうものを織り交ぜたものを作ろうとして考えた結果が今の企業理念になってます。
例えば電話一つとっても、やっぱり50年先を目指すのであれば、やっぱりちゃんと応対のできた会社でなければいけないとか、他の仕事も全部そうだと思うんですけれども、そういうことを問うことができるようになるんじゃないかなと。それがやっぱり理念を持つことの、良さなんじゃないかなと思いますね。

今うちでは社員に対してそれを投げかけた時に、じゃあそれに対してどうしようっていうのを考えていく、話ができるようになった方がいいですよね。
そうすると今までどちらかというとトップでワンマンでトップダウンでやってた。例えば会社とかっていうのが言われたことはやるっていうような人材は増えると思うんですけど、そのために何をすればいいのかっていうのを考えるっていうのが育つ文化っていうのがなかったんじゃないかと思うんですよね。やっぱり企業理念を作ることによって、自ら何をすればいいのかを考えるっていう土台っていうのができていくんじゃないかと。まあ道半ばではあるんですけど、最終的にそういう形になればいいなと思ってやっております。


〜自身が行った改革〜
うちの仕事は先ほども申しましたが“預かる”っていう作業が入るので、これが世の中にある、いわゆる物販のシステムみたいな一切存在しないものなんですよね。で、自分が独学では有るんですけどシステムを勉強して、そういうITを導入したことによって、それまで例えば布団を入れるための梱包資材のセット数だとか今まで人海戦術でやっていたものがかなり効率化できるようになりまして。
次第に取引先も最初は註文書も紙できていたのがだんだん電子化に変わってきたんですけれども、そういったものにも柔軟位対応ができる。
他にも工場内の管理の仕組みとかも、もっと精度を上げていくっていうのも、自社で開発できるようになりましたのでまずそこのシステムを構築したのと。
あと、昔は電話一つも社員が一人一人が・・・仕事しながら取っていたんですけど、それじゃあ本当の意味でのお客さんにきめ細やかな対応ができないねってことで、コールセンターも作ったりもしましたし、その辺がまず実際に自分が代を変わって大きく取り組んだことの一つだと思います。

布団の知識、後リフォームの座学的な知識っていうのはやるんですけれども、それだけではなくて実際に工場に行ってですね、現場の人がどういうようにその作業をしてるとか、場合によっては一部・・・、作業の一部を自分でもやったりしながら、布団を一枚一枚作るってことの大変さも身をもって体験していただくことによって、お客さんにその部分を・・・しっかりと説明ができる。